見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

月読命
永遠の輪とは何か
その輪の中に生くる人にとって、気がつかず
ある特異なものには、それと気がつく
時の流れに過ぎないもの

その輪の中で人は繰り返し、何度も同じことを経験して学ぶ

1つ1つがかけがえのない機会と知れば
道程も直ちに理解できようが
なかなかにして難しいものだ

なぜ繰り返して学ぶのか?
そこまで己を高みに引き上げることが必要なのか

全ては混乱した自我の中より
一本の針のごとく光る細い真実を見つけ出すための道程

人よ、暗闇の中で失せ物を探すのは困難でも
心の中を照らしその元で探せば容易に見つかるものぞ

真実は、真実はと問いをかけるは正しい姿ではなく
真実はここに在り、と信じ
在り続けることが答えになる

照らし出された世界の様相は
あまりに惨いと感じるものか?
それともあまりに美しかったと感じるものか?
人の心のある世界がそのままそこには見えるものだ

やさしい光の元では影も薄れ
全ては輝く
明るすぎる光は影を作り、まぶしすぎ
人には見えぬ

我らの言葉も然り、姿も然り

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.