見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

月読命
心が静寂であるとき、その時にそのものの心が
真に深く思うものを現す

孤独も喜びも悲しみ、怒りも
心が静かなとき、そっと湧くものぞ

そのときの感情、想いは日常を生きる中で覆い隠され
また見えぬようになってしまう

静かな心に湧いた己の想いが原点であるなら
それをおざなりにしてはいけない

自分自身の姿を知るものは少なく
知るものであっても
いかにその姿を捉え、変えてゆくか
行動できるものはさらに少ない

心の底にある深き思いこそ
人は無視できぬものだ

そこに現世での心、考えを向けるとき
ようやっと現実というまな板の上にのせられ
それは表出されるだろう

忙しさ、あきらめ、理屈に惑わされず
本当に欲している生き方とは
いかなるものであったのか

深く自分と対話するがよい…

Comment

 秘密にする

「理屈に惑わされず」・・・
心の奥からようやく湧き上がってきた声を
忙しさや、困難な予測やら、いろんな理由を並べる理屈が抑えようとする。

「抑えようとする」「抵抗する」ものを感じるときは、
むしろおおむね、「心の奥からの声が湧き上がった合図」と
私の「取説」に、書きくわえておこうと思います。
ごろにゃん | URL | 2013/07/07/Sun 08:32[EDIT]
私の「取説」ってなんか良い表現ですね〜。

今日、噛み砕いた記事をあげる予定です。
紫音 | URL | 2013/07/07/Sun 10:37[EDIT]
6月30日の記事と合わせて読むと、
より深く想いに至りますかね。

今日は七夕。
この時期に珍しくいい天気ですし、
天の川でも眺めながら、
心の奥の深い声や願いにでも
耳を傾けて、短冊に釣りましょうかね。

明日は新月。
月読様もお色直しですね。
RJ | URL | 2013/07/07/Sun 19:03[EDIT]
七夕ってなんだかいい日に思えますよね
昔から好きでした。
紫音 | URL | 2013/07/07/Sun 21:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.