見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おば天ちゃん
先日のこと、本当に珍しくおば天が真面目に話をしてきました。

実は、仕事面でぶいぶい動き出してる私。

今がその時なんだろうと、ある日確信できたので
ほとんどなにも躊躇せずに決めてしまいました。
ですので、来月中旬まで慌ただしい毎日が続くのですが…

お「今、大事な時だから。そっちを頑張りなさいよ。
  こっちの方は引き受けてあげるから」

と、話しかけてきたわけです…

一度にいくつものことは無理なので
やらなくてはいけないことに優先順位をつけているうちに
どうしても後回しになってしまうことがあったのです。
自分の家に関わる問題などは、本当に最後になっていました。
だって、いつでもできることはついつい…。笑

それをまるっと引き受けてくれると。
さらに

お「そのために援助してくれる人が来たから」

 「え?」

…なんか、少し古い時代の外国人が…
でも、かなり当時としては身分が高そうな人。
さすがに話しかけるのに、ためらう雰囲気。笑

その霊が、自身の魂の系譜を持つ人間に関与するのは
私のためだけでないのです。
その霊自身のためでもあるのでしょう。

私の守護霊というわけではなく、
おば天とタッグを組んで双方の利益になるように仕事をしている、
そんな感じでした。

しかし、こういう人がうちに来るのは滅多にないし
慣れた天使系の存在でもないので、どうにもこうにも。
ひとつ安心できたのは、この霊はうちには滞在してないってことでした。笑
初日だけ来てましたけどね。

ただ、おば天がこういう申し出をしてくること自体が珍しいので
「今仕事面に力を入れなくてはいけないんだな」ということを
しみじみ実感しました。

Comment

 秘密にする

お仕事がんがって下さい☆
いい成果がもたらされますように/
RJ | URL | 2013/05/25/Sat 20:05[EDIT]
ありがとうございます♪近日いい報告ができるといいな〜
紫音 | URL | 2013/05/26/Sun 10:01[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.