見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

須佐之男命
はっはっは

変わり目、節目には決断も伴うものぞ
心の中が澄んだ気になるときには、
その判断が正しかったという証にもなろうぞ…

はっはっは

今の世では、自らの目が曇っていないか
正しく見るという気持を忘れなければ
常に事象は見渡せる

物事の本質を捉え、いかに行動するか…
他の者に問わずとも、
自分の力で答えを見つけられる時代じゃな…

それをどこかで知る者には
人生が快く、確実に渡れるような錯覚を覚えるときがある
錯覚と言うは、実のところ自身で気付き
それに基づいて行動していることに、自分で気づいておらぬゆえじゃの…

自覚しているか、いないか
まあ現実においては同じ結果であろうがの…はっはっは

軽い足取りで次へと歩を進める者の中には
多くの経験値から導きだすための蓄えがある。

今はまだそうとは言えぬ道のりであっても
その経験がいつかの蓄えになるものぞ

小さきことに惑わされ、人としての本質を見失うな
人がいかに生まれ、何をしにやってきたのか
決して忘れるものではないのだ

はっきりと心にある限り
どのような事態にあれ、心まで汚すことはないだろう

染まった色を落とすには長き時間がかかる
自身をどう染めるか、選べるのであれば
汚れを取るものはいないだろう
自身が心を汚すことについて客観的に捉えておけば
決して選ばぬことよ

視野を広くして、自分を正しく中心に保て
さすれば、足取り歩く進めるということが
実感できるはずじゃ…

はっはっは

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.