見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

人の心が温まる時、そのときいかにして
心が温まったと感じたかよの…
それは相手を思いやる心を持つ人間に触れたと
自身で感じた時にほかならぬのだ

人との関係の中には思いやりや愛もあれば
恨みや憎しみだけで一杯なる者もいるだろう

敢えて言えば、それはその者自身が選んだ結果でもあるのだ

自身の心に何を置くのか、
それを人は自分で決めることができる
強い意思があれば、保ち続けることもできようの…

自身を振り返らない者にとっては
他者との関係は益あるか、ないかで決められる
多くは自身の内にある愛情を見いだせぬ者であろうの

心に宿した愛情はいつしか
他者に温かさをもたらすものよ
誰かに触れ、どう感じたのか
感じたものによりけりその相手は分かってくるものぞ

ふれあい、心地よいと思う人に心を傾け
その者らで協調し合い
そして互いに繋がることができれば
苦しい時もともに在れようの…

愚痴、不満が多い者はそっとしておくがよい
協調することなく
一人静かに己を見られるまで静観するが唯一となろう

揺り動かされる時期に人は己の弱さを知る
弱さとは、弱い部分だけを指すものではないぞ?

足りぬ部分、見直す部分が如実になり
誰の目にもあからさまになるということぞ…

見直しの時期には、それを一人行うものぞ
そしてなお、気がつかぬようであってはならぬのだ
一人ひとりが深く成長し
新しい段階を経るために必要なことじゃろうて

ほっほっほ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.