見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

日は沈み、その夜更けに人は自身を見つけるときとなる。
その日一日起こったこと、成したこと全て
あるいは己の生き方について
深く考えられる時間となろう。

日が登り、人が社会で行動する時間には
人の意識は外へ外へと向かい
己の内側に思いをはせる時ではなくなる

振り返り、考察するにはゆっくりと夜に
一人の時間を持つのが良いだろうの…

その時間に考えたことは積み重ねとなり
いつしか自身の資産となる。

凝り固まった思いを繰り返し繰り返すのではなく
建設的にどうしてゆくかと考えれば
積み重ねは財産ともなろうがしかし
己の心のつぶやき、愚痴、不満を
吐き出すだけであっては
貴重な積み重ねにはならぬぞ

何をどう考えてゆくのかが、その後の行動に繋がるものぞ
己自身の思考に注意を払えとは
そのことであろうな

人は建設的な思考から行動し
現実に働きかけることができる
現世に体なくしてはできぬことぞ。
現世にあってこそ、できる学びも多かろう

何がない、できないという不満ではなく
建設的な思いを日々するよう
心がけることじゃな…

ほっほっほ。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.