見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

いかなる事象が起ころうとも、外側の世界のこと
己の内側にある世界とは別の事よ…

事象が表すは、人々の集合意識の様じゃ
物事、この現世としての理を持って事象が現れる。
そこに意図を汲み取れるか
あるいはただひたすらにおののくのか?

答えは一人ひとりが持つべきものじゃ
我らはそれを見守るだけじゃの…

人の意識はここに在り、ここにはない。
集合意識が持つ広さは無限であり、
この現世を根底から変える大きな力を持つものじゃな…

ただし、その影響の大きさを人が信ずるか否かで
物事は変わりゆくものぞ…

人一人の心が変われば
国も土地も変わり
そこに住まう人々の集団もまたそれにつられるように変わる。
国毎で人々の性質が異なるは
集団意識による側面もまた大きかろうな

またそれらを見守り、見届ける役目を持つ霊ですらも
性質がまったく異なれば
住まう人もまた異なった性質ともなろう

なぜ、自らがここに生まれ落ちたのか?
自身は頭では知らぬであろうが、考えて決めてきたことでもある

今いる場所、立場はあるべくしてあるもの
一人ひとりが必ず理由を持つものよ
仕事もまた然り
今の状況には必ず意味もある
そこから見いだすことが肝要なのぞ?

苦しいという者は、苦しみの因も知らずにおっても薬では治り切らぬ。
力を持つもの同士で交流を図っても
またそれは表面的な治癒に過ぎぬ
正しくは、自らの目で因を見つけることに他ならぬ

知っておるのと、実際にそうであると信じ
行動するものはまた別じゃ

知らずとも行動できるものは多く、
自らの内面により近づき、その声その意思をくみ上げている者らであろう

一歩、自らの足で踏み出し
確かめてみることよの
全てとは言わぬが、見えぬ世界の理は体で知るものぞ…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.