見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

いつぞや申したことやもしれぬが
人の世の常にたがわずに存在し、その理にそって動くものぞ

自身の中にある感情そのものに支配され
己の性格、行動もそれに倣えば
魂もまた染まってゆくもの。

常に己の心を見直すよう求められるのは
人は感情を持つ生き物であり、統率して自らを動かすことを
命題として内在しているからだろうの

心も魂も、感情で埋め尽くされたとき
その者の周りでは、それに見合ったことしか起こらぬ
どんなに神々に祈っても、それは叶わぬのが道理

自らが因を持っている結果であるならば
自分自身で結果を引き取るよりなかろうて…

真に前向きに生きる時、人の心には未来への展望と希望
祈り、進むための力強さが宿るものぞ
その人に見合った以上の結果もあるやもしれぬが
それはどのくらいその結果を乗りこなし
手にして行くことができるかの新しい課題でもあろう…

人の世で起こることは、その者の目に映る範囲で結論が出されてしまうものだが
実際はそうではないものだ。
生きとし生きるものら全てが
因を自らが持っているからこそ今の環境があることを知れば
目先の問題だけではなく、根本的な部分にも目を向けられるだろう

曇りのない目で自らの周囲を眺め、観察すれば
そこから抜け出る方法もわかるものだ

心は現実を掌握し、変化を担う時代ということを
言葉ではなく、真の意味で実感できるのか?
実感する者の心の変化、有り様こそが社会を変えてゆきますぞ


ほっほっほ。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.