見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

天と地は近くあり、地の様は天に影響を与え、
その逆もまた然り…ですぞ

天が揺れるときと言うは、地も同様に現象として揺れる様が明確になろうて
その物事一つひとつに心を置いたとしても
天の動向までは人には分からぬものであろうの

混乱した時期というは殊更にして、今まであり得なかった
新しい者、新しい観念が世を覆い
人はその新しいものに心を移すことで
混乱から心だけでも逃れようとするものぞ

その新しいものが真であるか、否か
それは知るまいて
時に、不実なる者に心を預ける者も出てくるものよ

人に混乱を与えず、真実を見極め
平穏に生きる人々の群れこそが
混乱の中でも自身を正しく生きることができようの
自身を見失うことさえなくば、どう生きればよいか
見えてくるだろう

とはいえ、人の世は常に一定の法則の中で変化してゆくものぞ
古くからその法則は繰り返され、今がある。
過去を知ることは、今の自分を知る手がかりにもなろうな

人の子は己の生活のまわりのことに心を費やすことを止め
世や社会を見て、自分を生かし切る道を選べ
その生き方ができれば、生きることに苦労はしまい
あるべき自分の姿を、自分で決めることができる者は
その姿を常に心中におき、自らの姿とし
日、一日を大切に使うがよい

一日は総じて人の人生のあらましとなる
なにげなく、費やしてしまう者はどうしても
一生をなにげなく終えてしまうものぞ

これまでのように、転生の中で学べる期間は
遠からず終いともなる

今の生でやるべきことに力を注ぎ
できうる限り己の魂を磨いて生きよ

それが先立った多くの人々への
最高の弔いとなるものだ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.