見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ。

それぞれの住まう家の界域には
それぞれの護り神がおるは、よう知っておろう…

それらの神々もまた等しく地と在り、天と在り
人とともにあろうとしてきた神々という存在じゃの

ゆえに日本の行く末、その地の行く末を善きように願うのであれば
日々、地の神々とともにあるという事実を忘れるなかれ

地と在り、天と在る者の心にはこの先のゆくえとともに
生き、栄えてゆけるよう心根もまた変わるだろう
そのような者が1人2人と増えるにつれ
神々もまた力を盛り返し、土地も豊かになるものだ

人とともにある神々は我らよりよく人を知り
過ちを犯すことも知る
正しい者だけを護るだろうか?
いいや、人の子ら全てを見守る神々の心を
真の意味で知ろうとしないだけなにだ

真の意味での心根を正しくするとは
自身の姿を正確に見つめているかどうかよ
己だけで正しいと思うてもそうではなく
常に自らへは色眼鏡がかかるのが常じゃ

己の姿を知れば、改めなければいけない部分も見えてくる
人はその繰り返しじゃ
少しずつ少しずつ磨かれ、円石のように
つややかに磨かれるまでの道のりを辿る
これで仕舞というものはないように、
人もまた長い旅路の中にある者らじゃの

常にこの国、地を心配する心もまた我らは知るものじゃ
ゆえに言うのだ…
地と生きることの意味を考えてみるようにとの…

人らはみな、動き行く時代の中で正しいものを得んとするが
その正しいものすらも己の心で決めた正しさに過ぎぬのだ
今一度、自身の在り方を考え直すことで
揺れる時代に翻弄されずに生きる道を模索できような…

1人2人と、個々人での変革が起こるにつれ
世の事象もまた変わってくるものですぞ…

ほっほっほ。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.