見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
はっはっは

つまらぬ妄言、巷には渦巻くこともあるぞ…
ただひたすらに世で生きるものの心根いかにあり、
心中、平らに生きられるのかじゃ

平らでなくば、正しく世は見れぬ
自身の身にありし事柄を深く受け止め
そして自身の成長へと生かすこともできなかろう…

どんな言葉を尽くそうともだ、心平らで生きておる人間にとって
かようなことは通用せず
その立場も心も揺らぐことはないのだ

どんな心で生きておるか、我らは知っておる
がゆえに、その言葉などは通用せぬのだ
心は魂から湧きい出、感情もまた魂の色を染めてゆくものぞ
感情に振り回されて生きるは
己自身、自ら途上にあると申しておるようなものだ

はっはは…

人は人らの社会の中で磨かれると申すがさて
先々は分離した構造の中で影響しあう者もまた変わるものだ

心平らに生きるものはより高みを見上げ
自らと周囲の者のために生きようとするだろう
心が囚われのままではなかなか人のことなど構えぬのが、実情であろうな…

揺らぐ、揺らがぬは自らが感情を努めて制御し
その中で考えを持つに過ぎぬのだ
感情は即ち、考えではない
感情に身を浸した者の考えは、感情に染まってしまうものぞ…
その考えに如何ほどの正しさがあるのかは
人でなくとも筒抜けとなる

この先々、自ら選択した世で生きると良いのだ
より自分らしく生きる変換期にさしかかる今
恐れることなど何もなかろう
ひたすらに、己を見つめ、真からなる言の葉を紡ぐとよい
真は人の心を動かし、時に影響を与えるものぞ

影響を受け、自らを知るものが増えるほどに
自身の価値観は変わるものだ

世で生きるに何が必要であったのか
物なのか、人なのか、あるいは虚栄に満たされた飾りであるのか

取捨選択の時期はまだ続こうが
すでにあらゆるものを脱ぎ捨てて身軽になった者こそが先導し
世を変える機運は高まった

全ての者とは言えぬな…
選択は他者によってなされたようで、
事実個々人の魂でなされた物といえよう…

先を楽しめ


はっはは…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.