見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

ある天使の話
先日、ふと思い出したのです。

ああ、そうこんな天使もいたんだよね
こんな役割もあったんだよね、と。

昔、その天使と縁があるという人を一人だけ知っており
その人が天使から聞いたおまじないを教えてくれたのです。
しかし、どうもその方法は汎用的なものではなく
自分の場合には使えないようだと思っていました。

今回、私も似たような方法で同じことができないかと思案していた時でした。
カマエルがそっと言ったのです。

「私が後で話しておいてあげよう」

そのすぐ後でした。
眠る前に飛び込んできた、はっきりしたビジョンは
カードサイズの図案。
それを翌日に作るようにと言うのです。
色や文字、文字色は守ることという指定付きで。

翌日、時間ができたのは夜
その図案をイラレで起こし、プリンターで出力してみました。
早速、必要な場所に置いてみると…

「あれれれ?想定外???」

ちょっと、自分が想定してたのとは違った方法で
力が働いていました。
でも、これはいい。実に平和で安全に使用できる図案でした。

数日、実験してみるとやっぱりいい。
これは使えるな…とホクホクし、友人にも話してみました。笑
PDFにして、ブログにリンクしておけば誰でも使える簡単さ!
そんなことを考えてたのですが…


次の日の夜、お風呂上がりに仰天

そこにその天使がいました。
カマエルと何かを話している途中のようです。

「えっと、ちょっとなにか着てから…」といいつつ、
つい習慣でテレビをつけると

「待って。その前に話を聞いてほしい」

「その図案は、貴方と私の間の約束で使えるようになっているものだから
 ほかの人に教えたり、配ってはいけない。
 働かないからね」

「分かりました…」


約束を破る気はありません。
…この天使さんは凄く厳しいからっ

上で書いたおまじないを教えてくれた人などは
「言うことを聞かなかったら、夢でぶっとばされた…」とか。笑

それにしても、不思議な出来事でした。

Comment

 秘密にする

はいはいはい!
その天使はずばりガブリエルだと思いま~す!
・・・ぶっ飛ばされそう、いや、冷たい目でギロリと睨まれそう・・・
深行 | URL | 2012/08/09/Thu 19:32[EDIT]
ん〜、天使好きの貴方、惜しいっ
違うんですよ〜
お名前も控えるようにということだったのです(図案の一部なので)
いいじゃん別に、とも思うのですが
彼らに逆らう勇気はありません…
紫音 | URL | 2012/08/09/Thu 20:14[EDIT]
紫音さん
ぶしつけなコメントにお返事くださってありがとうございます。

「惜しい」って何が基準で惜しいのかわかりませんが(笑)
(コワモテ系天使グループが存在するのか!?)

もちろんどの天使かなんて追及する気はさらさらございませんので・・・
深行 | URL | 2012/08/09/Thu 23:23[EDIT]
ちょっと厳しい感じ系ってのはありますよ〜
たぶん担ってる仕事の関係で、人間がそう感じるだと思いますけどね。笑
紫音 | URL | 2012/08/11/Sat 10:26[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.