見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

カマエルと話したこと
そう、まだいます。

休みの日の朝、なにか話す事がある様子だったので
神界との会話をとった後に、話してみました。

個人的な感覚なのですが
どうもカマエルは思っている以上に、人間との交流は多くない感じです。
圧倒的に多いのがラファエル、ミカエルだとしたら
人間に関わるのが珍しい天使な感じがしました。

それは最初の日からしてそう。

私は会話をしている途中でも、
自分で考えたいことがあるとモニョモニョと心で考え事をし、
その後に話すことがあります。
そんなとき、そのまま継続してモニョモニョ話すのではなく
「はっきりと意思を伝えるように」と。

そのとき
「あ、人間との直接会話に不慣れ感が…ある…?」と思ったわけです。


 * * *


そして、本日はもっと真面目な話でした。


例えば、誰かの困っていることについて、何かをお願いしたとき
その抱えていたものが大きければ大きい程に
“果たしてそれでいいのか”熟考しなければいけない、と。

原因があって、その結果が出ているということは
その結果だけを取り除いてもらった場合
同じ大きさの問題を再び抱え込むことになるものです。
それが理であり、避けては通れないからです。

簡単に言うと、霊に取り憑かれる原因を持った人が
そのときだけ取り除いてもらっても、
原因はそのままなので、あっという間にほかのものに憑かれる時もあります。

もちろん霊だけではありません。
家の因縁、人の思いもありますし、
あるいは、いわゆる自業自得もあります。

なにが原因なのかを見極めて、どこからどこまで手をつけるか考えること。
そして、場合によってはそのままにするのも止むを得ないのでしょう。

そして、彼ら天使に願うときにもこう聞き返されるのです。
「それは誰から見ても正しい判断なのか?」と。
誰かの個人的な思惑のために願ってないか、ということです。
当たり前でしたが、はっとしました。

深々と追求して、完成した結果から導いた答えではない時があるってことに。
鑑定をしているうちに、「とりあえず」で進めてしまう部分もあります…。

おそらく、正義という感覚はこれまでの誰よりも強い天使
そんな感じがしました。

…でも、厳しいだけではありません。

ちゃんと、その人が正しく生きられるようにと
受け皿も用意してくれているのです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.