見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おば天相談室 13 言葉の壁
スナックおば天へようこそ。
それでは、13回目のお客様はコチラ
メールで頂戴していたので、お返事できてなくてゴメンナサイ!


アメリカ在住です。
当地の土地神様や、アメリカ人の霊もいらっしゃるようなのですが(私にはわかりません)、
日本語は通じているのでしょうか? 
その他にもいろいろな存在にたくさん助けられてはいると思いますが、
祈ったり願ったり問いかけたりするとき、
日本語・英語の言葉の壁とか問題はないのでしょうか? 



そうね〜
だいたい問題ないと思うわよ
そりゃあ、こういった直接会話したりなんてするような場面があるんなら
同じ言葉の方がやりいいと思うわよ〜
でもね、願ったり、感謝したりとかいう気持はそのまま届くもんだから
とくに問題ないわよ。

まあね〜守護霊って、貴方が想像している以上にいろんなことをしているから
同じだったら、やりいいけど、
同じ言葉でなかったらできないなんてことはほぼないのよ
そのあたりは安心していいと思うわよ。

それより、貴方随分たくさんの人に助けられてる人だと思うわよ〜。笑
誰がとか、言葉がとか、小さいことは気にしなくていいのよ
向こうも気にしてないわよ。
実際のところ、貴方がちゃんといろんなことを頑張ってるから
今みたいに助けがあるってことよね。

言葉の違いは翻訳したものの違いに過ぎなくて
もともとの思いがいっしょなら大丈夫なのよ。


以上です。




ちなみに「だいたい問題ない」の部分ですが
こうして直接会話しているとしましょう。
そのときに日本語→英語ではニュアンスがかわって伝わることがあるようです
ただし、ニュアンス程度ですけどね。笑

またふる〜い記事で恐縮なんですが、
こんな感じで説明したものもあります。
http://purplelily.blog84.fc2.com/blog-entry-181.html

ちょっと書き直したい部分もありますが、まあ、こんな感じでしょうか。

Comment

 秘密にする

スナックおば天
初めまして。
最近こちらのブログにたどり着いたんですが、おば天さんに聞きたい事があります。
天使やご先祖様・守護霊の皆さんや精霊さん・自然のエネルギー等、私たちのまわりにはたくさんのサポートや光があると信じていますが、私の飼っている猫達にも守護の存在は居てくれてるんですよね?
1匹は室内飼い・もう1匹はお外にも見回りに出かける半ノラ君なんですが、毎日「今日もこの子達が穏やかで健やかに過ごせることに感謝します。いつもいつもありがとうございます」みたいに、お祈りしたり実際に話しかけてるんですが^^;

お時間ある時でかまいませんんので、いつか「スナックおば天相談室」でお返事が見れるのを楽しみにしています(*^^*)
みゆき | URL | 2012/07/24/Tue 07:11[EDIT]
おっと、その質問にデジャブーを感じると思ったら
ttp://purplelily.blog84.fc2.com/blog-entry-1547.html
これ、ですね〜

おば天相談室は人生相談なので
きいてもあんまり返事はないかもです。笑
紫音 | URL | 2012/07/24/Tue 23:57[EDIT]
スミマセン‥人生相談だったんですね^^;

教えていただいた過去記事も読ませていただきました。
ありがとうございます♪
みゆき | URL | 2012/07/25/Wed 09:49[EDIT]
ありがとうございます!!!
 質問者です。とりあげていただける質問かどうかわかりませんでしたので、メールにしました。紫音さん、おば天さま、ありがとうございます。長年の疑問が一挙にすっきりしました。
 以前の記事も拝読いたしました。忘れていましたが、読んだ記憶がよみがえりました。同じ内容をお尋ねしてしまってすみませんでした。以前の記事も、とてもわかりやすく書かれていて、なるほどと納得です。
 おば天さまのおっしゃるように、これからは誰がとか言葉とか、小さいことにこだわったり気にしたりせず、助けてくださる方々に感謝しつつ進んでいきます。

 こちらへはかなり前から日参させていただいています。大好きです。ありがとうございます!
おかあにゃん | URL | 2012/07/25/Wed 13:36[EDIT]
>みゆきさん
そんなんで参考になれば幸いです

>おかあにゃんさん
確かに気になりますよね。とくにご自身がまさにそういう状況ですものね。
これからは気兼ねなく話しかけてください。笑
…おば天に英語ではなしかけたい衝動に駆られましたけどね〜
どうなるんだろうって。
紫音 | URL | 2012/07/25/Wed 22:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.