見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

あじさい寺
以前にも紹介したのですが、今年もまた梅雨到来
と、いうことであじさいを見に行ってきました。
千葉・松戸市の「本土寺」です。


ここも意外な古刹。
元々お寺だったわけではなく、屋敷跡だったためか
非常に優美な庭が見られたりします。


120617-2


苔むす木陰、菖蒲の池、そして寺院中のあじさい、あじさい。
もっとも、この季節は紅葉のグリーンも楽しめます。
紅葉の季節になると「紅葉寺」へと変貌するようですね。
1年で二回おいしいお寺さんです…

今年はミニツアーもなく、配布されるパンフレットもなく
なにか寂しげな感じもしますが、それでもあじさいは元気です。


120617-1

120617-14


つまらない新発見ですが
青いあじさいは花に近い茎色が「ブルー」
ピンクのあじさいは「ピンク」
ここまで色が出てるんですね~
知りませんでした。


120617-3


最初はおば天が大好きというので、見に行ってたあじさいも
いつしか、自分も好きになってしまって見に行く始末。

湿度は高く、暑かったけれど
これまた楽しい一日でした。

ただ!!
由緒正しそうなたたずまいの井戸が菖蒲池の脇にあるのですが
空気穴を開けてあるほかは、フタがされています。
その空気穴にわんさか蜂らしきものが出入りしていたので
中に巣でもあるのかも…


※17日にいきましたが、若干薄めのトーンです。
 濃い色が好きな方は次の週末か、さらにその次あたりがよさそうです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.