見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おば天相談室 4 ご先祖様へ届くのか
スナックおば天へようこそ。
それでは、3晩目のお客様はコチラ


私は時々、「ご先祖さまどうぞ」と、コップに水を入れてテーブルに置きます。
以前ある占い師さんに、「火で亡くなったご先祖さまが多いから、
お水をあげると喜ばれます」と言われたので、なんとなく続けているのです。
でもこれって、本当にご先祖様のためになっているのでしょうか?
ある本に、お仏壇でない場所にお水や食べ物を供えると、
その辺の霊が寄ってくる、と書いてあったんです。
「ご先祖さまに」と思って用意したものは、ちゃんとご先祖さまに届いてますか?
おば天さんならご存知かな~と思って、お聞きしてみました。




【おば天ちゃんのお返事】
火で亡くなったって、ここが要なんじゃないのかしらねえ…
実際、そうだったとしての仮定の話になるわよね…

まあ、あっちの世界に人間側が供養してなにかを届けたいという気持は
ちゃんと届くもんよ
なんていうのかしらね、行く先が決まってる手紙みたいなもんで
その方向が定まっていれば、そこに届くものなのよ

でも、霊がよってくるってのは
誰のためにどうして置いているのか、それを定めずに
ただなんとなくの習慣で置いてるからじゃないの?

ノラ犬が食べ物に群がるみたいに、
そこにほしいものがあればきちゃうわよね~
だから、あげるときにはきちんと「うちのご先祖様」とか
自分なりの宛先を考えて、意識しておいとくといいのかもね
まあ、あんまり深く考えなくても
供養したいって気持は届くもんよ
例外もあるけどね。

例外ってのは、実際暗闇にとらわれてるというか
心の中の自分の世界にとらわれてるというか
ほかの人の声や状況が全く届かない場所にいる人には
ちょっと難しいときもあるってことで
時間をかければ届くようにもなると思うわよ~

あなたのその気持はね、最近の人ってみんな忘れがちなんだけど
供養される方にしてみればとっても嬉しく思ってると思うわよ~
気持で充分って言いたいけど、
実際にそういった具体的なものをまだほしがる存在もいるし
自分なりの期間とけじめをもってやってみればいいんじゃないのかしら。

なかなかあっちとこっちでは、世界の様子というのが違うし
与えられてもらってはじめて、そこにあることに気がついたりするもの。
自分でどうすれば手に入るのかなんてわからないぐらい混乱したり苦しんだり
そういうときには天の救いにも思える瞬間があると思うわよ

人のため、ではないけれど
会ったこともない遠い先祖の分まであなたがしっかり心に留めていられるのは
きっと、あなたもどこかで誰かに助けてもらえるようになってるのよ
そういうもんなのよ

優しさって結局、誰かのためにも思えて
自分のためにもなってるしね



以上でした。


ーーーーーー募集のお知らせーーーーーー

おば天に人生相談しようという奇特な方はコメント欄にどうぞ。
基本的にあなたをリーディングしての返事ではないです。
守護霊についての質問でもいいみたいですよ。
※たまにバッサリやられますので、あんまり傷つかない方向け。笑

Comment

 秘密にする

おば天様
度々申し訳ありません。。
スナックおば天のドアを開けてみたくなりました。

あの世は想念の世界......と何かで読んだ記憶があります。
例えば、この世で心が通っていなかった夫婦とか家族とか、思想や信じる宗教が違う人は、別々の場所に行き、あの世では会えないのでしょうか?
いずれ何年後かには自分も行くことになると思うので、そのときに確かめればよいことはわかっていますが、ちょっと興味律々で伺ってみました♪

それと・・・
おば天さんはお酒はいける口でしょうか??(^m^)

まあみ | URL | 2012/05/31/Thu 00:18[EDIT]
霊界での修行について
いつも楽しく拝見しています。

あまりお聞きしてはいけない内容なのかもしれませんが、
よく死んだ後、霊界でも修行があるということを耳にするのですが、
具体的にはどんな修行があるのでしょうか?
きっと魂のレベルによっても内容が異なるのだとは思うのですが、
砂漠を歩くようなものもあるとどこかで見たことがあるので、
それはいわゆる地獄と呼ばれているものなのか、
それとも修行として普通にあるものなのか気になります。
今世の反省をふまえた修行になるのではないですか?
守護霊さんはその修行をつんだ人ということでしょうか?

霊界のことをあまり聞いてはいけなかったらごめんなさい。
キララ | URL | 2012/05/31/Thu 08:55[EDIT]
おば天さま、紫音さま、どうもありがとうございました。

ご先祖さまへの供養の気持ちは、ちゃんと届いていたんですね!
「行き先の決まっている手紙のようなもの」
・・・なんてわかりやすくて、詩的な表現なんでしょう!感動しました。
これからも、「うちのご先祖さま」と念じながら、お水をあげたいと思います。

・・・しかし、見も知らぬご先祖さまには気持ちが届くのに、
生きている人間には、言葉や態度で示さないと何もわかってもらえません。

優しいとお褒めいただき恐縮ですが、生きている人間にも、
もう少し優しくしなくてはと思いました・・・。

この度はどうもありがとうございました。スナックおば天が、繁盛しますように!


はるひ | URL | 2012/05/31/Thu 11:01[EDIT]
>はるひさん
繁盛祈願ありがとうございます!
知ってるようで、言われてみると
ああそうなんだ〜って感じですよね〜
そういう素朴で役に立つご質問がなんかピンとくるようです。笑


それでは質問をどれにするか、まだわかりませんが
一応
ーーーー相談は〆切ましたーーーー
紫音 | URL | 2012/06/02/Sat 13:07[EDIT]
ありがとうごじました
おば天さん、紫音さん、ありがとうごじました。

≫自分でどうすれば手に入るのかなんてわからないぐらい混乱したり苦しんだり
そういうときには天の救いにも思える瞬間があると思うわよ

生きてる人間でもそういう時ってありますね。
この世からあの世の存在への方向にもありうることなんですね。
私も戦争親せきがおり、私でも役にたてることが
あるのかな?と気になっていたもので。

おば天さんがおっしゃっていらしたこと、ひとつひとつ納得しました。
わかりやすく教えてくださってありがとうございました。
| URL | 2012/06/06/Wed 14:11[EDIT]
生きていても、亡くなってからでも
体がないだけで人間ってそうは変わらないのかもしれませんね。
なんか、急におば天ってすごいわ〜と思ってしまいました。笑
紫音 | URL | 2012/06/06/Wed 22:06[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.