見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おば天相談室 3 守護にはついていない近親者
おば天相談室へようこそ。
スナックおば天のママに相談するような雰囲気が希望です。笑

しかも誰にどう答えるのが、私は知りません…
コンスタントにはいかないと思います。
それでは、本日のお客様はコチラ


守護霊さんは人間だった時に血縁関係だった人が割と多いみたいですが、
守護にはついていない亡き近親者がチラ見しにきた時ってどういう対応をするのでしょうか?
以前おば天様がお食事を用意してお話ししてたと書かれてて、なんて人間っぽい!と(笑)。
キャラクターにも依るんでしょうが、
ウチの亡き父(以前夢で「俺もあっちで色々忙しいんだよ」って言ってたから
守護にはついていないと思う)が守護霊さんに娘がお世話になってますとか
三者面談のように挨拶してたら面白いなと思って。




【おば天ちゃんのお返事】
物好きな霊ってのは、ホントにどこでもいるもんなのよ~
だから、なにか近づいてきてないか
そういうのはきちんと見張ってるわよ
そりゃあ、自分の娘に変な男がまとわりついてないか
見張ってる親と同じ気持よ~

その身内の霊って、知ってればね
全然問題ないし、挨拶もするし
必要なことを必要なだけ教えたりもするかもね
でも無駄話じゃないわよ。

本人に関係あるのかないのか
そのあたりはもう遠い人になるとわかんないもんだけど
一応、教えてはもらえるのよ

ただ、考えてもみて
本人を心配しているといっても本人が知らなかったり
あるいは一方的に思いを寄せてるだけのときもあるでしょう
だから、なんでもかんでもってのはないのよ
そのあたりは守護霊でも違うと思うわよ
結構開けた性格の人もいれば、そうでもない人もいるしね
うちは大分開放的にやってる方だと思うわよ

まあ、ご自分の親御さんでしょう?
絶対知ってる人なら、きっと話は伝わってると思うわよ
人間が思うような話し方じゃないかもしれないけど~
一応、あっちでもあっちの生活様式ってのがあるから
守護霊になる前の段階の霊の暮らしに合わせる部分もあるわよ
そのほうがやりやすいでしょう?

(私:亡くなったばかりの人なら、波長があわずに守護霊さんが見えない、となるのでは?)

だから、人間が思うような、想像しているような話し方でもないのよ
まあ、テレパシーって呼んでいるような感情でのやりとりにも似ているし
なんていうか、いちいち面談なんてものでもないわよ

まえに書かれた食事の風景が印象に残ってるのかもしれないけど
あれはこの人自身に関係ない、お客様だったからなのね
血縁でもないし、ちょっとそういうときもあるってことよ。



以上でした。


ーーーーーー募集のお知らせーーーーーー

おば天に人生相談しようという奇特な方は、30日の記事へ

Comment

 秘密にする

なるほど
まさかの御返答ありがとうございます。あちらはあちらのシステムに沿ったやりかたで交流を持つのですね。こちらが思っているよりも霊の行き来って頻繁なんですね。すべての階層をレイヤー分けせずにみたらまるで渋谷の交差点のようになるのかしら?守護霊さんも大変ですね。いつもどうもありがとうと言いたいです。
monday | URL | 2012/05/30/Wed 11:41[EDIT]
ありがとうの気持は届いていると思いますよ~
同じ場所にたくさんの階層があるのは、幽霊は見える人と見えない人がいるのと同じ理屈なんじゃないでしょうかね…
まあ、ともかくお楽しみいただきありがとうございました
紫音 | URL | 2012/05/30/Wed 22:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.