見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

おば天相談室 2 守護のなりたち
おば天相談室へようこそ。
スナックおば天のママに相談するような雰囲気が希望です。笑
それでは、本日のお客様はコチラ


おば天さんのような守護霊さんにも、
守護霊さんとしての学びがあるのかと思うんですが、
おば天さんにも上司のような存在の方がいらっしゃるんですか?
おば天さんの働きを採点しているというか、見守っているというか、
そういうおば天さんのような守護霊さん目線での
学びや立ち位置について伺ってみたいです^^
もし、上司のような存在の方がいらっしゃるならば、
その方とはどういう距離感で関わっているのか?
時々、会合(?)のようなものがあったりするのか?
とか、
何をもってして守護霊業は終了となるのか?
紫音さんの守護オンリーなのか?
どこかの誰かと掛け持ちをしていたりするのか?
紫音さんオンリーだったなら、
紫音さんがこの世を卒業されるとそれで
おば天さんの守護霊業も終了となるのか?
守護霊業が終了した暁には次はどういうステージが待っているのか?
などを伺ってみたいです^^




【おば天ちゃんのお返事】
そうねえ~
守護霊ってのは、その人(注:守ってる)自身が
本人の努力なんかでどう生きて行くかきちんと見守っていくのが
まあ本来の仕事であるわけよね
だからいろんな経験をした人の中から
守護霊としてその人につくことになったりするし。
そう考えると、どうしても人の見守り役というか
見届ける役目に近くなるものなのよ
私なんかはこうしてたまたま言葉をひろってもらえる機会があるけれど
だからといって、特別な役割があるわけじゃなし
普段は、本人がきちんと生活できてるか
またお酒ばっかり飲んでないか、そんなことの方がよっぽど大きいのよね。

たしかにそれぞれの守護霊は、本人の意思というよりも
もっと上の人たちを含めた中で、誰がその仕事につくのかが決まって行くものだから
上ってのはたしかにあるわよ
でも、そんなことをいったところで、
本人(注:人間)に干渉するかというとそうでもない
それぞれの仕事があって、私はここにいるように
その人たちも自分の仕事をしているのよね
人が気にしなくてもそのうちあの世にいけばわかるわよ。笑

今を大事にしてみれば
そんなこと普段は誰も考えないじゃない
それでも自分の正しいことをして、頑張って努力もして
自分なりの人生をすすんでいけるのか。
そういうのが一番大事なことなんだから、ね。

守護霊としての仕事の終わりっていうと、
今の仕事のことなら、死んだら終わりね(注:私が)
でもそのあとでもまたほかの人につくかもしれないし
それは生きてる人が仕事をするのにも似ているわよ。
ほかの仕事を探す人もいれば、また別の人について同じ仕事をする人もいるし
あるいはやり直したい人もいるしね
私はこういうのが好きだから、やりたいと思ってるからやってる部分もあるのよ
そうね…、もしこの人(注:私)が死んだら、といっても大分先だけど
そのときには普通に霊として互いに会える機会も恵んでもらえると思うし
まあ、楽しみにしてていいかもね。笑

守護としては、その人に責任をもっていくものだから
もちろんほかの人と掛け持ちなんてないわよ
一体、どうやって私たちが人間のまわりに存在していると思ってたのかしら
その人に四六時中ぴったり添ってるわけだから、掛け持ちは無理ね
責任を持つ、ってのはそんなに簡単じゃないわよ
まして、思いつきでもできないし
許可もなく勝手なこともできないもんなのよ
あ~、そういうと会社で仕事している人にも似ているわよね~

ただ、生きている人の人生を見届けて
ときに舵をとれるようにしていくってのは
責任は大きいものよ
だから、守護霊は交替するときもあるの。
ずっと同じ人、同じ霊の組み合わせはうまくいってる証拠だから
きっと、そのままでも大丈夫ね
もっと違った生き方をするようになればまた別だけどね。

まあ、今日はこのへんにしとおきましょ
あんまり生きている間に知らなくてもいいようなことは
死んだらどうせわかるんだし、その分ほかの勉強にでもお使いなさい。


以上でした。


ーーーーーー募集のお知らせーーーーーー

おば天に人生相談しようという奇特な方は、30日の記事へ

Comment

 秘密にする

わぁ~♪
紫音さん、おば天さん、ご回答ありがとうございました~!
うんうん、なるほどなるほど、と興味深く読ませていただきました~^^
そして、死後には自分の守護霊さんと会えるかもしれないんですねぇ。
それはそれでロマンですね~。
いつも近くで見守ってくださっている自分の守護霊さんを
私はいまいち感じ取ることも出来ない鈍感っ子ですが、
死後会えたら、ブンブン握手して、ガッシリハグで
感謝を伝えたいと思います!笑
ありがとうございました~≧(´▽`)≦
くーこ | URL | 2012/05/28/Mon 21:40[EDIT]
この普通のおばちゃんと話している感覚お分かりでしょうか。笑
まあ、こんな感じですよ~
紫音 | URL | 2012/05/28/Mon 22:44[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.