見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
はっはは…よい…

人生の節目、節目に人は混乱し、
この先々を見んと心にとまどいを持つは必然のことじゃ…

命あって、人の生は続きそしてまた後世へと続くは
人が生きること自体に意味があって
長く連綿と続いてきたものよ…

自身の身を振り返ってみても
やり遂げたと思う事柄がはっきりしていれば
その気持こそが次の段階へ進もうとする
本来の自身の声が届いたものであろう…

多くの者が次の扉を開けようとしている今
理屈は通用はせぬものだ
常識、安定した暮らしへのこだわり、
恐れから逃げようとする理屈こそが
歩みを踏みとどまらせてしまうものだぞ
ひるまず、次の扉に手をかけているものは
心が定まった証じゃ…

道のりに迷ったときこそ、自身の声に従うがよい
誰が言った…、親が…、家族が…というても
それは所詮、自身でない者の意見に過ぎぬ
その者がどう生きるのかは本人だけが知るところであり
他人の尺度でよい悪いもないはずなのだ
失敗したとて、やり直しができぬわけでもあるまい

人の人生ではなく、己の人生を生きる決心があれば
迷いなどなかろう…
常に自身に忠実であるということは
自身の心をあざむかない生き方となるもの

自分に正直に生きれば、心は潤い
苦労を苦労と思わなくなるものだ
不正直に生きねばならない時代はとうに終わっている…
自分自身で何ができるのか
肯定的に考え取り組めばよいだけぞ…?

何をしたいかは、どの色の扉をあけたいか
選ぶのと同じじゃ
好きな色はそれぞれにあろう
自身の人生を人に委ねることなく、
己に最も忠実であればよい…

Comment

 秘密にする

またまた納得。
こんにちは。このところ、大国主命の言葉に反応をしている私です(笑)
今ちょうど、自分と人を比べてくらーく落ち込んでいたところ、人の人生ではなく、己の人生を生きる決心があれば・・自分に正直に生きれば心が潤い・・等、ああそうだわ!と励まされました!ありがとうございました。
隣の芝生は・・といいますが、本当にそういう風に思いがちで、自分が悲しく思えたり・・自信をもって自分を肯定することが大切ですね。もっと強くならないとなあと感じました。
あいこ | URL | 2012/05/02/Wed 11:26[EDIT]
隣の芝生…って、みんな実際そんなもんですよ
みんな自分が恵まれてないとおもいがちです。
でも、改めて自分の環境をみてみる気持になれるかなんでしょうね
紫音 | URL | 2012/05/02/Wed 19:46[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.