見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

大国主命
ははは、まあよかろう…


人は日々、様相の変わる日常の中で
変わらぬことへのありがたみを知り
どれほど尊いものであったのかを心に刻むようになろうな
あってしかるべき様々な事象は、根底から
その存在を問われたと言うても差し支えはあるまいの…

大きく社会や自然に変わり目がきているとき
個々の人間の暮らす様もまた等しく
変化そのものに直面してゆくだろう
それはごく自然なことだろうの…

人と社会、自然が一体となり生きているということの
本来の意味を心に問えば
変化に翻弄されることなく
自然に変化の波に乗れるものだろう
あまつさえ、人心が乱れるとあれば
不安を煽る言葉や噂も多く
より混乱させんと慌てふためくばかりじゃな

心で知りうるものは、もう知っておる
頭や目で知ろうと躍起になっていても
それは見えてはこぬ
さようであろう?ははは

己自身の魂、生き方、存在について
深く考え、人の道を考えてきたものならば
意味もわかろう…
そういう時代であるからな

ゆくゆくは人らは互いの心の内を隠すことをよしとはせぬ
選択をするやもしれぬ
だが、まだまだ先じゃ

長い道のりを経て、人がここまで歩いてきた現実を振り返れば
人だけでなし得る業ではないと、心に思う者も多いはず

生きて限りある時間の、果てしない積み重ねが
人の人生の中を豊かな歴史へとかえてきたのだ
漫然と日を費やすより、前向きに人生を変え行く意思があれば
道は開かれるものよ

扉を開ける時期は人によって異なろうが
おぬしは開けてしまったゆえ、元には戻らぬ
戻らぬことを知っている

よいのじゃ
選択の結果にたどり着く先なら後悔もしまい

ねぎらうぞ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.