見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

質問29 相続のこと
今週も質問ありがとうございます。
難しい部分は、聞いてまとめてみましたのでお返事をしたためさせていただきます。


自分は仕事柄色んな方の相続に触れる機会があるのですが、
相続というのは、お金が絡むことなので
人の欲や思惑が表面化しやすい場だと常々思っています。
そこで質問ですが、
前回の質問のコメント欄に「人の生死に関わることは神の領域」とありましたが、
それに伴う相続のゴタゴタもそういったものの影響があるものなのでしょうか?



人が産まれて、生きて、またあちらの世界へ戻る。
その間に積んだ経験と思い出だけを持って帰ることができますよね。
そういうことなんです。
神々が見ているのは、いつ送り出してどんな経験をして大きくなったのか
そして、いつ元の世界に戻すのか、だそうです。

亡くなったときに、様々な相続の問題などがついてまわるとき
時々、見えない何かが働いているような展開になったりするのは
主に、先祖や故人の意思だということでした。

昔、自分がかかわった話をしてみなさいというので
軽く書いてみます。

ある男性が、非常に厄介な場所へ出向き
そこで盛大に憑かれてしまいました。
結果として、鬱と睡眠障害を併発して薬を服用していたものの
自死を選んでしまいました。
そのあと、その人の持ち家は全焼したのです。

理由は悪い理由ではありませんでした。
家に残った霊たちを一気に祓い、焼き
そして奥さんを守るために先祖と故人がそうしたのだそうです。

そういう風に財産をなにかの代償にしてなくすこともあれば
長患いで、財産を費やし
自分の金銭的なものを現世に残さないようにしてから亡くなる方もいます。
これは相続についての問題を避けるために、本人が意識せずに選んだ道だということ。

生きている人間の欲という念もとても強いものですが
見えない世界の思惑もはたいている時があります。

つまり、結論としては
神の領域ではないけれど、見えない人々の領域も含まれる
と、いう感じでしょうか。

現世での物質的なものについては、神の領域と言うのには
あまりに現実的なんでしょうね。
でも病気などについては、領域に含まれるものもあると思っています。

思うに、命は神様はくれたものですけど
お金は神様はくれたものじゃないですしね…
だからこそ、争いもあるんでしょう。


-------------募集お休み-----------------

来週分の質問は埋まりましたので、次の質問記事にて募集いたします。

Comment

 秘密にする

お返事ありがとうございました
前回質問させていただいた者です。
なるほど、結論としては神々の領域ではないものの、見えない人々の影響もあるとのことですね。

自分の仕事ではなるべくそういったゴタゴタが起きないようにと願っているのですが、依頼人が急に亡くなったり、亡くなった方が望んだような結果にならなかったり、かえって揉める結果になってしまうこともありました。
今回質問させて頂いたことは仕事をする上で参考にさせて頂きたいと思います。
お返事ありがとうございました。
ぱら | URL | 2012/04/08/Sun 13:08[EDIT]
なにかのお役に立てれば幸いです。

仕事も人も、悪い面をみて-加算していくのではなく
いいところを見つけて+評価していけば
結構見方も変わってきますよね…
紫音 | URL | 2012/04/08/Sun 18:28[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.