見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

チャネリングで未来を予知?
たぶん、チャネリングをしない人にとっては
“予知”は当たり前のように手に入る、と思っているのではないでしょうか…
セッションの申し込みでも、予知の依頼が稀に紛れ込んでますからね。笑

しかしながら、現実にそんなことはあまりありません

それはどうしてでしょう。
答えは簡単です。

未来を教えると、人間は努力しないから。
守護霊さんはそう言います。

クライアントさんの守護霊から詳細を聞くことはあっても
「その部分は伏せておいて。でも結果はこうなるから今は励ましてね」
と、まあこんな感じですしね。

高次の存在は、自分の人生を判断していくための基準を
その人自身に持たせるという意味合いで、教えてくれません。

例外は、チャネリングの練習時にありがちな
依存にならない簡単な数当てなどの予知でしょうか
これは自分の先入観が入らないものでやるべきですね。
それなら、最初のうちは応じてくれると思います。

ですが、当て物/予知系は高次の存在は本当に関与しません。笑
言ったとしても本当に大雑把です。
詳細は教えてくれませんが、注意するべき時期だけそっと励ましのように
告げてくれるぐらいでした。
あるいは、違った選択をしようとしているときに止められる、などでしょうか。

守護霊さんなど、危険から本人を守っているような存在でも
よほど危なかったり、道をはずしていない限りは予知はしません。
警告としての軽い予知 や
励ましとしての時期的な予知 ぐらいと思ったほうがいいと思います。

鑑定される方は、それぞれ自分の方法で未来を覗き見たり
感じ取ったりして見ているものと思います。
チャネリングという方法は、予知には不向きです。

無理にやろうとしてもですね…
嘘をつかれるので、ホントにおすすめできません。笑
嘘というよりも努力させるための方便でしょうか…

私自身も自分のことは聞きません。
必要ないんです。

中学生のときに、霊からロングスパンの予知を聞き出して
全部ぴったり当たってしまったことがありましたが、
その長い年月、社会人になるまでの間…
聞いても聞かなくても、私は変わりませんでした。
だから未来予知は必要ないのです。


チャネリングに予知を求めておられる方に、一言アドバイスをするのであれば
やめておけ、という話ですね。笑

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.