見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

質問22 お墓は必要か
本日は毛色の変わったご質問です。
たまにはいいな、と思ってチョイスしてみました。

質問なのですが、お墓はあったほうが良いのでしょうか。
海への散骨や、遺骨を集めて仏様を作り供養するというお寺もあるのですが、
故人やご先祖様が望んでいるご供養の形はどんなものかと思いまして・・・。
無縁墓が増えているというニュースもあり、ちょっと気になりました。



こういうのは誰に聞こうと考えると、やっぱりおば天がいいだろうと思い
伺いつつ、まとめてみます。

「困ったわね、それぞれなんじゃないの?」

「もし、おば天ならお墓は必要?」

「あってもあんたは来ないじゃない、それに私はここにいるんだし
 別に必要じゃないわね
 その霊が必要としているか、していないかの認識で変わるんじゃないの?
 でも、定期的に先祖を思い出したり供養したり習慣ができるから
 そういう意味ではお墓があるっていうのも必要なのかもしれないわね」

「以上?」

「必要か、必要じゃないかって
 その人がお墓に入る、お墓は死者のすまいと思っていればそこにいるわけだし
 そんなところじゃなくて、天国にいくと思ってる霊は
 生きているときから必要あるとは思ってないでしょうね
 とくに古い先祖は、お墓への認識も強く持ってるもんだし
 あって損はなしと思ってはいるけどね。
 まあ、自分のお墓ってなると、最近はそうでもないみたいね
 窓口として過去の人々を思い出すにはちょうどいいのかもしれないわねえ
 自分の生きてるところと、死者のいるところの区別もできるわけだし
 お互いに心の整理もつくから、認識もできるでしょう?
 絶対に必要かって言われたら困るけど、まあそんなところなんじゃないの?」

と、いうことです

先祖の中にはお墓への認識を強くもってる人もいるでしょうし
そういう人のためにあってもよさそうですね

「必要なら、結局かわされるはめになるんだから…」(霊に)

だからあれこれ、考えずともいいんじゃないかと。笑



-------------募集-----------------

今回も、この記事のコメント欄で来週の質問を募集します!

Comment

 秘密にする

しょーもないような質問ですが・・。
天使や守護霊の方に、喜怒哀楽ってあるんでしょうか?
(以前、本で「天使は感情を持たない」と書いてあるのを読んだことがあって、
ちょっと興味があります・・)

maria | URL | 2012/02/18/Sat 23:26[EDIT]
神社参拝について
いつも拝見しています。

神社に参拝する際に、お手水で清めると思うのですが、
神社によっては溜まったままの水で葉っぱ浮いていたり、
藻がついていたりするのですが、そういった水で口を清めるのに
抵抗があります。
そういった場所では手しか清めてないのですが、
やはり神様に対して失礼になるのでしょうか?
またペットボトルなどの持参した飲み物で口を清めるのは
ルール違反でしょうか?

みなさんは、たまった水しかない場合どうされているのか
とても気になっています。
流水なら抵抗なく口にすることは出来るのですが…。

もし良ければ、どうされているのか教えてください。
TABASA | URL | 2012/02/19/Sun 09:04[EDIT]
う~ん、今回どっちにしようか凄く迷ってました
ので、mariaさんのご質問を来週に、
その翌週分をTABASAさんのご質問にしようと思います。
しばしお待ちくださいね


ーーーー質問は〆切ましたーーーー
紫音 | URL | 2012/02/19/Sun 10:52[EDIT]
ありがとうございました!
紫音さま、おば天さま、どうもありがとうございました!
やはり・・・そうなんですね。
あったら色々と便利(?)だけれど、無くても構わないんですね・・・。

確かに、ご先祖様のお墓は残して欲しいけど、自分はどうでも良い気がします。

お墓を作ってないというおうちの話を、「え~、それっていいの?」と思っていたのですが、改めます・・・。

おば天さまに、お礼をお伝えください。どうもありがとうございました。^^
しおり | URL | 2012/02/19/Sun 20:09[EDIT]
きっと、おば天はニマっと笑っていることでしょう。笑
お墓があればあったで、故人を偲ぶ機会もあり
しっかりと棲み分けができるのかもしれませんね
ずっと家に置いておくのはよくないようですし、
機会があればという感じでしょうか。
紫音 | URL | 2012/02/19/Sun 21:10[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.