見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

妹の制服
昔話で恐縮なんですが、衣類の整理をしていて思い出しました。

妹が社会人となり、新人研修で地元を離れていたときのこと
私と母親で、クローゼットの整理をしていました。

なんせ、捨てられない女、もったいないと思えば何年でも物をとっておく妹は
しこたま不要品をしまい込んでいたので、
勝手ながら処分させてもらっていました。

プラケースにはいった大量の靴下なんかはゴムが伸びているものが半数
中学生ぐらいのときからのものなのに、捨てられないのでしょう…

サクサクと捨てて行くと奥から制服もでてきました。

中学、高校とかわいい制服の学校へ通っていた妹
私と妹は中学も高校も別だったので、かわいいなあと眺めてました。

すると母

「ねえ、この制服、ネットで変な趣味のおじさんに売ったら
 高く買ってくれるんじゃない?」

なんという親でしょう…

妹に処分を聞いてみると
「思い出の品なので捨てちゃダメ」だと。
おかげで代理で売らなくてすみましたが
母親がマジで言い出したのには、ちょっと子どもとしてビックリしましたよ…

こういう変な親を持つと子どもは、
やっぱり変になっていくか、よほどのしっかり者になるかだと思うのですが
妹はしっかり者になってくれたようです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.