見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

レミエルとの対話より 上
映画を見ながら、あふれる涙と鼻水をトイレットペーパーで拭いていたときの話
(ティッシュの在庫が切れていた)
不意打ちだった ↓

『人間っていうのは、とても感情表現の豊かな存在だね
 君を見ていると思うよ。
 泣いたり、笑ったり、喜んだり、私達天使族とは異なるしぐさをしている
 実はとても興味深いんだよ
 天使という存在は感情を持つ、持たないなど色々と言われているけど
 実はこの次元に近いところに降りてきていると、
 その波動がこの次元まで近くなっているのだよ』

「落としているって話は聞いたことがある」

『そう、だから上の天使と話すときと、近くにいるガイドの私と話すときでは
 感覚が違うだろう?』

「うん、言ってたわ、色んな次元を横断するから感じが違うって」

『そうなんだ。だから今、こうして話す私の存在の方が
 実は感情表現を多くもつ存在として捉えられるんだ』

「怒ったりしている?」

『いいや、私は、だね。笑
 それは天使によっても違うんだよ
 ミカエルのような他の存在を相手に対峙する仕事を持つ存在は、
 そのような表現を取ることもある。
 それは各々の特質で、個性もあるんだよ』

「例えば、同じ名前でも沢山いるんでしょ?
 レミエルもいっぱい」

『うん、そうだね。この次元の感覚で言うと分離は別の個体に思えるだろう
 実際、その感覚でいうなら1つではなく複数が近いね
 同じ目的、同じエネルギーを持つ天使たちは、その名を使って同じ目的のために動くんだ
 そうだな、君の名刺と同じだ。
 デザイナーと書いてるだろう?そんな感じだ』

「異文化ですね~、じゃあ本名はあるの?」

『いいや、私達はそもそもユニティだからね
 そのような区分けを必要としていないんだよ』

「脱線した…、映画見ているときに言ってたの.......」

『うん、人間の感情表現はとても興味深いと思ったのだよ
 特に君はわかりやすいからね』

「まあね、よく言われるよ…」

『人として生まれなければ分離の感覚は味わえない
 そして生きてゆく中で、様々な出来事に遭遇し、泣いたり笑ったりしている
 それはとても魅力的な人生なのだよ…
 永遠に続くこの愛の世界の中では、存在しえないものだ』

Comment

 秘密にする

こんばんは、2度目のコメで失礼します。
レミエルの最後の言葉はなんか少しだけ寂しそう&うらやましそうですね
文字になるとそんな風に見えちゃいました。。

素人考えでスンマセン
慶次郎 | URL | 2008/05/05/Mon 22:02[EDIT]
なんか、物珍しいだけなんじゃないかと思ってます。笑
観察されてるっぽいです。
ジョー・ブラックをよろしくの死に神みたいな異文化感があります…
紫音 | URL | 2008/05/05/Mon 22:34[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.