見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

質問13 動物さん
クリスマス用メッセージをはさみまして…

なんとまあ、続いたものでしょう。
13回目になりました。
おかげさまで今年分のブログネタはなんとかまかなっております。笑

今回のお題はこちら。


「動物達にも人間のように守護霊さんがついていて、
 魂の旅を繰り返してたりするんでしょうか?
 うちの子と出会えたのは何かの縁があったからだ、と思っていて。
 いつか亡くなってしまっても、またどこかの未来で会えたら立ち直れるかなと…。」



先に謝罪しますが、私はあんまり動物の霊には詳しい方ではありません。
それでもなんとかお返事させていただきますと…
動物に守護霊というのは見たことはないです。

と、いうのもシステムを考えればいいんですね。

植物や鉱物は、それ自体が広く横繋がりのある領域そのものの意識であり
精霊なんかは、一応個として見えるけれども
横繋がりの情報域があると。

一方で、切り離された人間は個としての自分しか知らずに生き
なかなかハイヤーセルフなどとは無縁だったりもします。
でも、一応ハイヤーセルフとの領域は誰しもクロスしているわけです。
そんな中でも自分のするべきことをし、まっとうするために
導き役の守護霊さんがいると考えればいいと思うのです。

動物は自我が発達していない分、彼ら自身の領域と密接に生きているのでしょう。
だから自分の本能でするべきことをしていく、と。
孤島で流行した動物の行動が、離れた場所で突然多発的に起こるというのは
聞いたことがありますよね?
あれも、同じ
領域と密接に生きているからできることなのでしょう。
いわば、動物自身のハイヤーセルフのような領域から
なにがしかの情報を得ているのだ、と。

つまり、動物はみんな自分で情報に繋がっている存在なのではないでしょうか
そう考えると守護霊がいないのもなんとなくわかります。
自分でわかるから、なんだと思います。

動物といっても、死後はそれぞれで個が強くなければより源に戻るのは早いです
鳥なんかはとても早くて、周囲の鑑定をしていても
形が残らず、すでに光に化していることもしばしばです
小動物もそれに続きます。
なかなか形が消えずに、守護としてあるいは守護じゃないものとして(笑)
色々と影響を残すのが霊力の強い動物なんじゃないでしょうか。
犬、猫などで人間にかわいがられた記憶があるものは守護になりますしね。

よく動物霊と言われて思い出す、狐とか狸、猿、蛇なんかは
霊力も強いのであとまで姿がよく見えているのだと思います。

それぞれの固有の領域で、転生を繰り返し
そしてだんだんともっと上の領域へスライドしていきます。
ペットなんかは人間の守護をしたりしているうちに、
彼ら自身の霊格を高める結果になり、次回人間になった…とか聞きますよね。

今の体が終わってもまた会えると思いますよ。
世の中には不思議な話は満載で、転生してまた会えたと思うような事例もあります。
そして、死してなお、飼い主だった人にずっとずっとついていて
見守ってくれてる犬も知ってますから。

Comment

 秘密にする

すっかり遅くなってしまいましたが、記事にして下さりありがとうございました!
動物も植物もハイアーセルフと直接繋がっているなんて、すごく良いお話でクリスマスに読んでウルウルしちゃいました。
動物から人間に転生することもあるんですね。そういえば、すごーく前に紫音さんが過去世でクジラだったと書いてらしたような。この世界は不思議に満ち満ちていますね。
タロジロ | URL | 2011/12/30/Fri 00:49[EDIT]
亀レスですが…
動物も人間もそれそれの立場で精一杯頑張ってるんでしょうね~
クジラの話は、昔かいたか忘れてしまいました。笑
なんであったか、もう記憶の彼方ですが
今年もいい年になるようお互いにがんばりましょう
紫音 | URL | 2012/01/04/Wed 15:21[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.