見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

質問3 ハイヤーセルフ
今日は三つ目。ご質問ありがとうございます。
それでは、早速いきましょう~

「過去生パーソナリティとハイヤーセルフ?トータルセルフ?なるものの区別がつきません
 自分の霊、本体はハイヤーセルフだとかトータルセルフ?でいいのでしょうか?」



こう、考えてください。
亡くなってあの世へいくと、自分の源のようなところへ戻ると。

大きな海が源だったとすると、貴方はその海の波のひとつです。
海から波が起こり、そしてまた海へ戻る。
波であったとき、ちょっと視点が違うでしょう。
そのときに見たもの経験したことを海は新しく全体として知ることができると。

源はハイヤーセルフの領域ともトータルセルフの領域ともなんとも言われてますが
そこには、部分としていろいろ含まれるのです。
それが過去世の自分の部分であったり、今の自分であったり、未来世の自分であったり。
あるいは守護霊さんの部分もあったりとさまざまです。
ハイヤーセルフとかトータルセルフという言葉を源と置き換えて行くと
だんだん分かるのではないでしょうか。
すべて融合したある領域、という風に。

個人としての意識が薄くなり、もっと高位に移動していくと
そのとき、個ではなくなり全体の意識に変化していくんでしょう
なので、ハイヤーセルフは一人ではない、といつも言うのです。
側面なのだ、と。

なので数人が出てきても不思議ではありません。


ただし、自分の中のサブパーソナリティと混同している人はかなり多いので
その点は注意ですね。


もうひとつ。
見えない世界は、自分自身で経験をつんで様々な存在と接触し
見て、感じて、体で学んで行くのが一番です。
言葉で伝えようとすると非常に難しく、よく誤解も生まれます。
それが見えない世界を混同する一番の原因ではないかと思っています。
ご自身の目で確かめてみてください。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.