見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

親友のこどもたち。
親友から、びっくりするようなメールが届いていました。

彼女の子供が自閉症の診断を受けたと。
お薬を飲むようになったら、本当に変わる
症状はともかく、楽しそうにしているよ、と。

ものすごくあっけらかんとしてて、びっくりしましたよ。

思えば、彼女はいつもそう。
凄く強い人なので、普通の人にはなかなかない苦境にあっても
わめかず、騒がず、対処して
そして一区切り着いた頃に、やっと連絡がくる。
毎回そう。

自分の中で整理がつくまでは、ずっと内観してて
その処理を地味にやってる人なんですね。
なので、鑑定やってる自分と親しい間柄でも
たぶん彼女の鑑定をすることはないでしょう。

波瀾万丈な彼女を見ていると思うのですよ

本当に強い人は、さんざん人生で揉まれてきているから
弱者の立場も心から理解しているんだな、と。

だから、人が落ち込んでいるとき
なにもできないとき、嘆いているときでも
絶対に、頑張れと強要しないのです。

出来ないことを頑張れと無理に言ったりしない
頑張れない人を見捨てないし、過保護にもしないし、バカにもしない。
でも、自分はボロボロになりそうでも無言でコツコツ続けるんですね

どこまで忍耐強いんだろうと思ったのですが
忍耐じゃないのかもしれません。

それが彼女という人そのものなんでしょう。

Comment

 秘密にする

深いですね
>だから、人が落ち込んでいるとき
>なにもできないとき、嘆いているときでも
>絶対に、頑張れと強要しないのです

これって、なかなかできることじゃないですよね。

今までは、落ち込んでいる友人知人を見ると、何か声をかけたくなって
しまってましたが、最近やっと、「見守る」ってこともできるようになって
きた気がします。

これも子育ての賜物でしょうかねぇ。
Sawady | URL | 2011/11/14/Mon 20:34[EDIT]
うちの妹もそうなってくれることを、願います。笑
紫音 | URL | 2011/11/14/Mon 20:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.