見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

最近の映画話
前に公開されていたツリー・オブ・ライフ
とってもスピリチュアルな顔をした映画でしたが
これは…私にはもう難解すぎました…

途中、延々と宇宙の創世から
人類が生まれ、主人公が誕生するまでを描いていますが
なんじゃこれは とフリーズ気味

ちょっと…

DVDが出てもおすすめできないというか
解読するのに時間がかかって素直に感動できなかったりします。
映像は美しかったのですが、もったいない。

で、わりとおすすめだったのがコレ
8ミニッツ

普通の娯楽映画っぽいのですが
ちょっと気になるところがあって、また見たいな~と思える映画でした。
量子の世界の話題を持ち出されると、見ずにはいられません。笑

死者に残されているとされる記憶の断片を
別の人間がアクセスして8分間だけ記憶をメモリーできるというお話です
記憶は記憶に過ぎないので、なにをしても現実から見れば過去は変化しない。
そういう設定なので、真実をつきとめるまで
何度もその場面に戻り、いわば体感つきのリーディングのようなことをします。

でも、ラストはそれだけでは終わらないのです

現実とそこに平行して存在する別の現実が
こうしてクロスしていったとき、現実は変化するのか?

なにかのきっかけで、平行する部分が崩れる可能性があるのではないか
そんな思い出せそうで、思い出せないような感覚を覚えます。

まあ、普通に娯楽としても凄く楽しめるのですが
見終わって、この感覚を覚える人もいると思います。

たしかに、歪んだ部分があり
そこになにかすると、こうしてクロスできたはずなのに
思い出せない。

今、私には無性に気になって仕方ない映画です。笑

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.