見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

須佐之男命との問答より
『おぬし実は疲れておるんじゃな。考えすぎじゃな』

「考えすぎ?」

『いろいろよ…人の人生など何もないわけなかろう
 おぬしの目から見て、平穏で幸せに見えたからとて
 本当に幸せとは限らんぞ
 今、こうして己の心の深みにはまったとき
 そこから出る方法を学ばんとな』

「それは、これからお聞きしようとしていた“距離”の話でしょうか?」

『そうよ、おぬし、まだまだ己のできることに関して信じる気がないな』

「そうですね、やっぱり目に見えない部分での話が先行していて
 現実はマイナスから中間地点に戻ったぐらいですから。
 決してここからプラスに動いたためしがないんです。
 結構疲れます」

『うぬ、それもまた時期がくれば、物事は回転しだすのよ
 あと、ちょっと我慢すればまだよくなるわ』

「最近、むなしいな~とはよく思います
 スピリチュアルな世界も裏ばっかり見えると輝きを失って見える
 かといって、現実も決して良くはない
 マイナスではなくなって、やっと安心していただけだったと気がついたんですよね
 平和とはちょっと違うな、と」

『うぬ、おぬしは言わんからの、神々にさえ
 己がこうなりたいというのは口にせん
 お参りにきた神社でも、これまでお願いなどしたことがなかろう
 前向きに動くものには追い風を送れるが
 あきらめてしまっておるものには無理じゃ
 たとえ追い風を送ったとしても動かんだろう』

「そうですね、これまで辛いことがない期間がほとんどなくて
 子供のときからそうしてきてしまいました。
 今、マイナスから中間地点まできたところで、
 これ以上は望んではいけない気がするんですね…
 でも他の人と比較してしまうと、色あせて見えてしまう」

『人と比較せんでもいいというが、人には難しいことよの
 人並みに、という言葉の通り、普通の生活を求めたがる
 しかしとて、それも一生続くものではないわ
 前進することを諦めないでおれば
 神々もたまには手配するぞ』

「と、いうことは、今距離感があるのは…」

『己の深みにはまっておるだけよ
 気がつけばよい。まあむずかしかろう
 人はそういうものじゃ
 誰だろうとそうなるときはあるわ。それすらも構わん
 休み休み、真剣にやればよかろう
 完璧なものなぞないのよ』

「ん、それでは自分のメンテンスからでしょうかね…」

『焦らなんでも良い、どうせ再来週にはころっとしておるわ』

「わかりました。なんかあきらめ癖が強いんですね、私は
 いつからこうなってしまったんでしょうね
 わからないですね…」

『諦めとは便利な言葉じゃ。
 諦めたといえば、努力せんでも人にも己にも言い訳が立つな
 なに、そうやって休みたいときには構わん
 どのみち、うまくいかないものよ』

「確かにお疲れでした…
 久々にお酒が飲みたくなったのもそれですか…」

『たまにはいいじゃろう…
 そうして己の心の変化を知っておくのもいいことよ』

「わかりました。ちょっと無理していたんですね」

『うぬ』
「今日はありがとうございました」
『うぬ』

Comment

 秘密にする

紫音さんへ、須佐之男命さまの暖かい励ましの言葉が、読ませていただいた私の心にも沁みました。
がんばりたくてもがんばれなくて、そんな自分に落ち込む事がある私ですが、そんな部分も込みで、また動き出すのを静かに見守ってくださっている方がいてくれる気がしました。なんだか元気がわいてきます^^
はんな | URL | 2008/04/24/Thu 10:33[EDIT]
はんなさんの守護神もきっと
そういう暖かい眼差しで見守っていらっしゃいますよ、きっと。
みんな、みんなそうなんですよ
紫音 | URL | 2008/04/24/Thu 11:40[EDIT]
あぁ、今ひとつ気付きました…。

私が、はっきりした理由無く落ち込み期間に入る時は、『前向きに一生懸命がんばってないと、見捨てられる』という恐怖心があるからです。
そして、こどもの頃の事が広がりました。

そうだったのか…。
気付けてよかった。きっかけを与えて下さってありがとうございますo(^-^)o
はんな | URL | 2008/04/24/Thu 11:55[EDIT]
休みたいときには、休んじゃっていいんですよ
私なんて、休みたいときには予告もへったくれもなく
いきなり鑑定お休みにしたりしますからw
紫音 | URL | 2008/04/24/Thu 14:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.