見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

妹とワンコの過去世
普段、あんまり自分の周りの人の過去生は
ホント気にしないことが多く、見たりもしませんが
妹とワンコの過去生は見えているものがあるのです…


 * * *


今から二つぐらいの人生で出会っている二人
場所は中東のわりと都市部
テントが張り出している市場で、働くワンコがいました
白い民族衣装のワンコはまだ13歳ぐらいの少年

ラクダをかわいがり、世話をしては
荷物を頼まれて屋敷などへ運び入れています
ポーターみたいな感じでしょうか
まだ職業にはついておらず、とりあえずのバイト感覚です

家に戻ると、母親が出迎えています
ちょっと小太りの母親は、今の妹
母親になつくのは、普段父親が早朝から家を出る仕事で
ほとんど会わないせいもあったのでしょう

下に数人の兄弟がいるワンコは家族のために
少しでも、とバイトのようなことをしていたようです

家では母親が得意な料理をたくさんつくり
疲れてかえってくる家族に、食べさせています
家はそれほど広くはなく、中央の居間にみなが集う家でした

のち、成長したワンコは
毛織物でつくるラグのようなものを販売するところに勤務します

糸の染めからはじめる工場が裏にあり
表に店がある、という感じです

ワンコは販売から運び入れるまでを担当していましたが
よく工場にも遊びにいき、そこの人々を覗いていました

織るのは女性の仕事なので、あんまり話はしなかったのですが
興味で覗いてたようです

結婚の年齢になったワンコはその工場に居た女性と結婚しています
嫁といっしょに、母親と住み家族は増えていきました。

この頃、父親は家からいなくなっています。
遠方へ出たときに戻らなかったか、ほかの家でほかの女性と暮らしている
そんな感じでした。

家の中心は、母親が仕切る家とワンコの新しい家族


そんな光景が見えました


今でも、妹がなんとなく家を仕切る役で母親ってのもわかりますね、笑
ワンコはいつもなんか、一番下の弟のような感じで
大黒柱的な雰囲気はまったくナシ

なかなか面白いですが、意外な過去生でした

ちなみに仲がよくても兄弟っていうのはあんまり一緒の過去がないですね
親子関係ではあるのに、兄弟では少ないです。
不思議がいっぱいの過去世。

Comment

 秘密にする

はじめてまして。
初めてコメントいたします。
コメント欄に度々出没してます『くーこさん』導かれまして、最初から読ませて頂きました。

面白いし勉強になりました。

『今日が人生最後の日なら・・・』この言葉が頭から離れないのは自分に今必要な事なんでしょうね(笑)
『明日は我が命日』『一日一生』なんて思ってもダラダラ過ごしてしまう毎日(笑) 
分かっていても難しいものですね(汗)

これからも更新楽しみにしています。

※更新記事と関係無いコメントですいませんm(__)m
SONO | URL | 2011/08/30/Tue 13:07[EDIT]
このいかがわしいブログを最初から読んだことに驚きです。笑
時間の無駄使いだったとあとで言われないよう
精進させていただきます…
紫音 | URL | 2011/08/30/Tue 18:10[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.