見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

伊邪那岐神
人は共に在れど、心は共に在らぬ仲も多く
仮の者同士が生きる中で、摩擦も、苦悩もまた増えよう…

この先の人々はそれぞれの性質を強く持つことになる
世を覆う気が希薄となったとき
人の持つ気はそれまでより強く、その性質・本質的なものを現すだろう…

人と人の個人的な関係が壊れたりを
新たな縁が結ばれるのは、自然の成り行き…
自らをこれまでと同じ殻に押し込めて生きていても
歪みは避けられぬだろうな…

自らの声を正しく聞き入れ、それにそって生きることで
歪みは生まれることなく、なくなってゆく

人の間における関係性の変化にこの先、目を配るとよいぞ…
心の異なる者同士は交われず
同じ波長の者が成り行きのように出会い、まとまり
それぞれの個性を持った集まりの中で、磨き合うことだろう

どれがよく、どれが悪いではないのだ
その者にしかできぬ学びはそこでなし得るということよ…

古い時代は終焉を迎え
人の心の中で少しずつ変化してゆく気持ちが芽生えてゆくことじゃ
その中で、本当に変わりゆけるものを見届けよう

「それは、人として生きることでしょうか?
 それともはやりのチャネリングやヒーリングを学ぶことでしょうか?」

人としての事よ…
ぬしが言うたような小手先の物事は
大きな本質を知るための小さなきっかけに過ぎぬ
そればかりを追っていては、全体は見えぬ
まして、その物事に心が囚われておっても見えぬだろう

見えるものだけが全てではないと、心から知りうる者は
自身の行うところをすでに理解している者だろう…

何に囚われるでもなく、この先の人としての生を
真剣に心を向けて考える姿勢が
ひいてはその者をよりよく育ててゆくはずよ…

Comment

 秘密にする

こんにちは
>世を覆う気が希薄となったとき
人の持つ気はそれまでより強く、その性質・本質的なものを現すだろう…


世を覆う気が薄くなるとは、具体的にどういうことだとお考えですか?
簡単に語っているようで、ただごとではないように思えるのですが。

空気中の酸素の比率が減る→世界の生態系が変化してしまう

それくらいのことが、物質より霊的な領域で起きるという話ですよね。
そういう印象を受けてました。
naushika | URL | 2011/08/26/Fri 12:59[EDIT]
それは、あまりに拡大解釈しすぎというものですね。笑
次の行にもあるように気は、エネルギーそのものでしょう
振るいによって、雑多な想念が世の中から取り払われていくと
個人の性質が強く浮かび上がるという意味ですね。
紫音 | URL | 2011/08/26/Fri 19:26[EDIT]
気が薄くなるというのが経験的にわからないことですから、
拡大解釈というのは承知で質問しました。


>振るいによって、雑多な想念が世の中から取り払われていくと
個人の性質が強く浮かび上がるという意味ですね。


想念の影響がすぐに表れやすくなるということですね。
naushika | URL | 2011/08/27/Sat 12:37[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.