見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

回線の話
以前のクライアントさんより、無事帰還の報告を受けました。
ご本人も、こういうことがあるということを知ってほしいということで
今回、記事にすることになりました


 * * *


その方は、以前から会話することを心待ちしており
あるときから、ハイヤーセルフと会話が始まったことを喜んでいました

でも、それはハイヤーセルフではなかったのです。

自分がハイヤーセルフと思う理想像を作り上げ
その存在との会話をしていたのですね

長い間、続けられた会話は
そのうち、脳内の回線を固定化させてしまい
自分自身でも思わぬときに、思わぬことを言われるという
いわばチャネリングによくある状態になったそうです

ところが、本人はある日気がついたのです
これは高次の存在じゃない、返事がおかしいと

ご本人の決断は凄かったです。
自分でも病的だと認識して、精神科への通院をはじめました。
なかなかできないことで、本当に大変な決断だったと思います

そこで、状態を理解し
脳内の回線ができてしまう、他人の声として聞こえることが
ちょっとまずいことと知ったようです。
統合失調症と言われていますね。

医師もいい人に当たったのでしょうね
数年かけて、その回路はなくなり、今では聞こえることもなくなったそうです

思わぬところで、思わぬ落とし穴なのですが
本当にほかの誰かの声に聞こえて、完全にチャネリングだと信じていたとの事

ところが…
これとほぼ同じケースに遭遇したことがあったのです…

そのときには、「神」の声と認識していた女性でした。
神ではなく、自分のつくった神の理想像は
その強い思いと想像力で、いわばイマジナリーフレンドのようになり
念が固まったモノとして「視える」状態にまでなっていました。

生き霊に似ていました。
その存在は、いつしか本当に本人に話しかけるようになり
誰がみても「誰かが話している」状態になっていたのです。

でも、話すことは高次の存在の内容ではありませんでした。

一時期、ネットで有名人だったのでご存知の方もいるかもしれません。
そのブログを見ていると、
天使が「本当に物好きだね…」って感じだったのを思い出します。

Comment

 秘密にする

何もわからない私ですが、怖い話ですね。「これってチャネ!?チェックリスト」のようなものがあると参考になるかもしれないですね。
パララパララ | URL | 2011/07/31/Sun 09:04[EDIT]
実は、ちょこちょこあるんですよ…こういうのって
気を引き締めて進んでほしいという気持ちで公開してますが
それによって、ちゃんと繋がってる人がやめてしまったりするともったいないし
色々と複雑な面持ちですね。
ただチェックリストは役に立たないでしょうね
なにしろ、最初はよくてもそのうち妄想になったり
相手はいつの間にか変わったり、いろいろあるもんです。
紫音 | URL | 2011/07/31/Sun 11:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.