見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

伊邪那岐神
日々の世言、いかにせんと呟く声ばかりが
我らの内に響いてくる…
その声の多さ、深さは稀にみる大きさとなり
我らの世界にもまた影響を及ぼすものとなる。

一人ひとりの心のうちの変革を経て
一人が立ち上がる時、全体が変わりゆくように
小さな一つひとつから全体が成っていることを忘れてはならぬ

一人ひとりが自身の生に責任を取る時に
総体的な動きが変わってくるものだ…

ひとり離された個としての人生を通して何を得るか
ともに生き、全体としての中に己の生を見つけられるのか
いずれも間違いではなかろう

己の立ち位置を知るものは、逆境に強くなれる
では、その立ち位置は、どうして知れるのかよ…

それは心の内に聞くがよい…
みな、知りえることなのだ
世はそのためにある

人と人の中に真の己の精神性がみつけられるのよ
逃げて、一人こもっていては見つからぬ
人の中にためらいなく入り、自分を磨くとよい

自身が何者であるのかわかった者は
ゆるがない生き方ができよう…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.