見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

先入観とフィルター
コアなチャネリング話になってしまいますが、
チャネリングするときに、起こる話

繋ぐときに相手の存在の姿や素性、名前などを知っていると
それが短縮ダイヤルのような役割を果たして
次回から簡単に繋げるようになるものです。

これこれ、こういう姿で
相手は誰で…とこちらで見たりもしてきましたが
それによって、繋ぎやすくなるという利点があります。
相手が誰か分からないけど、なんとなく聞こえるよりは
ずっと接続が深くなるはずですね


しかし、稀にこう変化しちゃうのです

自分の作った理想像をフィルターでかけてしまい
かなりバイヤスのかかった相手の姿や
会話の内容になること。

これは、もうあっちこっちで見かけます。
たしかに相手には正しく繋がってるけれど、バイヤスが強すぎて
違う答えになっていたり、漫画みたいな会話になっていたり…

どう説明していいのか分からないのですが、こういうかんじ

自分で作った「天使像」
漫画みたいなプロフィールと性格が自分の好みで出来ていくと…
たしかにその天使と会話しているのに
自分のフィルターの向こう側に見えているのは、わずかな部分。

本来100%で掴めば、精度が高くなるのですが
ちょっとしか見えないのです。

テレビでいうと、デジタル放送と砂嵐に移り込むゴーストぐらい違います。
つまり、もう本来の姿がなんなのか、
さっぱりわかんなくなってくるのですね

短縮ダイヤルとして、ただのアイコンとして利用すれば
これほど便利なものはないのですが
姿や、どういうキャラクターなのかにこだわりすぎるとそうなっちゃうのです。
最終的には、自分の妄想キャラクターとの楽しい会話に…

慎重さはいつまでも持っていてほしいものです。

Comment

 秘密にする

>>自分の妄想キャラクターとの楽しい会話に…

うははは。・・って、全然笑い事じゃないかもですが(^^;
先入観を持たず、フィルター無しの状態をキープするって、
なかなか難しいですねー・・

maria | URL | 2011/07/17/Sun 22:20[EDIT]
結構、この罠に陥る方多いんですよねえ
こじらすと、こちらで修正しようにもかなり難しくなっちゃうので
おかしいと思ったら、自分で修正できるといいんですけどね~
紫音 | URL | 2011/07/17/Sun 23:01[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.