見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

神田さんお膝元
110118神田神社


新しい会社は、なんと神田さんまで徒歩でいける距離にあります…

思えば、新卒で決まった会社も同じ駅
その会社は、私が入社する直前で隣の駅に移転したため
より一層神田さんに近くなりました。

次の会社は、電車で少しの距離でしたが
昼休みに往復できる距離にありました。
そこで10年以上勤務し、よく非常階段で会話したものです。

懐かしいですね~

そして、今回また偶然に神田さんのお膝元に入ったので
会社の鎮守としてのお社になります。

これも縁ですね

生き霊に困ったときに「とってあげるから来なさい」と声をかけていただいたり、

守護の存在を呼ぶのに方法を考えていたときにも
「こちらから伝えよう」と伝えてくださったり、

神界とつながりはじめた最初の二週間ほどは
自分の地元の産土様や、会社の近くの鎮守様など
怒濤のようにコンタクトがあり、
最初のご挨拶へ伺ったものでした。

ご挨拶の後は、必要なときにのみ、繋がってくるという感じでしたね。
不思議としかいいようがないんですが
個人と土地との縁も深くあるようです。

一番面白かったのは、土地神様より突然のコンタクトがあり
今後のことや、助力するなどのお話があったときです。
そのほんの2、3日後に、実家から電話で
「住民票を実家から都内へ移してくれ」と言われ、正式にこの土地の人間になったのですよ。
やっぱり土地に根付くって、こういうことでもあるのでしょうね。

働いて、ここの土地へ税を納め
土地の発展のために動く一部になっていくこと
その全体が、土地の神様の護る全てになっていくんでしょう。

神々は大きくて、厳しくて、ときどき優しい存在です。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.