見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

日本神界との会話について
知ってる方は知ってると思いますが、
ものすごく戒律と階級制が厳しいのが、日本の神々です。

ですので、ブログリクエストでどこそこの神様のメッセージが聞きたいとあっても
実際に、私がご縁をいただけるかどうかは向こうの神様次第です。

誰かについて習っているときには
師匠のコネクションで会話をさせていただくこともできますが
それも全員ではありません。

むしろ、好き嫌いがかなりあるようで
どれだけ能力がずば抜けたチャネラーであっても
神界が「ダメ、話はしないよ」と言えば
絶対に聞こえません。
無理矢理、繋ごうとしても怒られるか、最悪聞こえなくされるのが関の山です。
これはどなたかの守護霊さんも言ってましたね。

守護霊さんの上にまた日本の神々に近いような霊がいて
その上に神霊の眷属がいて…
と、どんどん上にいくと最終的に日本の神々のどなたに行き着きます。
日本人なので、それは誰でも一緒です。

自分にゆかりの深い人間とだけOKよ、というケースもあれば
自分にゆかりの深い人間であっても、人間と離すのはNGなんていうケースもあります。

そういう意味ではチャネラーにとっては、すごく敷居が高い存在で
私もいまだに毎回毎回、緊張しながら会話を取っています。

よく神社でなにか聞こえた~なんていうのは
結構眷属の神霊とか、自然霊だったりします。
本家本元の本尊が出てきて、さらっと軽やかに会話をするなどは
半分もあればいいほうだと思います…

なので、初対面の神霊とかその眷属が出てきたときには
いつも、ちょっと固まりぎみで
微妙におろつく自分がいます…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.