見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

五番目のサリー
 五番目のサリー〈上〉


有名なダニエル・キイスの本ですね。
これはサリーという女性に宿った、ほかの四人の人格の物語です。

実はスピ本で勉強するのに飽きたので
なんとなく手にした本なのですが、途中でビックリ

サリーは、自分という人格のほかに
デリーという全てを記録するほがらかな人格
ノラという知的な女性の人格
ベラという奔放で女優のような女性としての人格
そして、ジンクスという悪魔のような暴力的な人格と過ごしていたのです。

ところが…
セラピーを受ける中で、もうひとつの人格が出てくるのです。
それが、インナー・セルフ・ハイパー
その声、最初はガイドとか守護天使とかかと思うぐらいです。

すごく感覚的に高次の存在そのものとして出てきて
適切なアドバイスをするのです。
インナー・セルフ・ハイパーは、私がハイヤーセルフと呼ぶ存在でしょうね。

自分自身の中のもっとも高い人格で
その領域でほかともつながり、自分自身の過去や未来を知る存在

それが出てくるんですね…
サリーの人格融合のために力を貸すのです。

まるで普通のスピ本ですか?と思いながら読んでしまいました。

ハイヤーセルフがどんなものか知りたい方は是非どうぞ
話し方や考え方、導き方もそっくりですよ
ホントによく書けてると感心してしまいました…

また普通の小説としてもいい本でした。
1部ごとに一つの人格が統合していくのですが、
一人ひとりで考え方や、今後の捉え方が違うんですね。
デリーの統合で泣きました。笑

Comment

 秘密にする

一時、ビリー・ミリガンがすごく話題になりましたよね。
私はこちらの『五番目~』は未読でした。すごく興味をそそられるので
週明けに読んでみたいと思います^^
ちなみにハイパーがハイヤーセルフだとしたら紫音さんから見て
他の人格は何だと思われますか?
守護霊さんだったり、憑依した霊だったりするのでしょうか。
それとも本当に、一人の人間の中に何人もの人格が宿ることが
あったりして…??
ねこまんま | URL | 2011/02/26/Sat 23:21[EDIT]
それは読んでのお楽しみですね
守護霊が憑依なんてのは、ありえないと思いますけどね^ ^
紫音 | URL | 2011/02/27/Sun 09:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.