見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

また傷ですよ 5
その後の数日は、結界の強化と刃物、お守りで身を固め
安眠が続きました。

でも、そういったものに傷つけられた部分は
本当に治りが遅いです。
二週間たっても、まだ真っ赤な引っ掻き傷は癒える兆候がなく
未だ赤く痛々しく残っています。

…でも思うんですよね…

自分も同じことをしてきたってこと

寝てるときに迷ってきた霊や、
実家との関わりで亡くなった猫の霊
そういうものを上げることだってできたはず。
なのに、さっさと切り捨ててしまったり
殴って蹴散らしたりと。

結局、人間じゃないからって平気だったってこと
そりゃあ、自分の命がかかってるときには
仕方が無いかもしれないけれど、
やってることはほとんど変わりはないじゃないかと思ったのです。

傲慢でしたね。
それが理解できただけでも、まだマシだったと思うのです。

自分が生きていくために、平気でやっていて
それになんの残酷さも感じてなかったら、それは傲慢だったってこと。
まだまだ道のりは遠いです。


 * * *


そんなこんなで早5日ほど経過したときに、気がつきました…
お守り系で固めて就寝するようにしてから
ものすごい早さで傷が治ってました…


 * * *


さらに後日談なのですが、この記事はすぐには掲載しないように言われてました。
そのため、時系列が前後していますが
この記事を書いた数日後に、戦火で焼けた母子の霊に出会ったのです…
反省、即、実践の機会なんですね。ええわかりました…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.