見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

また傷ですよ 3
さて、連続で獲物にされている私は
三回目の目の上の傷を発見した時点で

私「そろそろ、朱華さんに連絡しとこっと…」

のっぴきならなくなってから、連絡して怒られるよりマシです。

私「憑き物について聞いてもいい?」


えへへ
やっぱり、あのとき誘われて水に入っていたら…
または、浴衣の友人についていっていたら…

朱「死んでたよ!」

だよね~。笑

普段から、こういう仕事をしていたら
いつかこうもなると常々思ってたのです。

そして、うっすら想像していたのですが
案の定、そのクライアントさんが憑き物への生け贄状態になっており
私がそれを知らせて離そうとしたことで怒ってる様子でした。

刃物を置くのを忘れて寝た私は、ほかにも使える刃物を教えてもらい
とりあえず、うちにあるものを一点だけ聖別してもらうことになりました。

モノはあれですよ!
デザイナー御用達のアレックスのはさみ!

これね



10年以上愛用している一品です。
なかなかおすすめですが、こういうことに使うとは…
このはさみ、使いやすくていいのですが…


それよりも、私は今凄く忙しいので
憑き物なんてくだらないことに時間を使ってる暇がないんですが…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.