見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

また傷ですよ 1
2月1日の記事に書いた傷の話ですが
その10日後ぐらいの話です…

夢で私は髪の長い女性と、真っ暗な夜中の野原を横切っていました
誰かが来たものの、女性は瞬時に相手を粉砕し
手首だけがその場に残されたのです。
私は、その女性といくべき場所があったようで
行き着いたのは水辺
その女性は若い頃の百恵ちゃんそっくりの顔で
長い黒髪でした。

女性は、その藻がいっぱいの薄汚い水へ飛び込み泳ぎ始めます。
私も誘われたのですが、コンクリの台で右足をすり
軽いけがをしてしまったので、このときに「痛い」という感覚が残りました。
なので水には入らず、女性を眺めるだけ。
汚い水で、うつぶせになって泳ぎ続ける女性は
水死体のように、気持ち悪かったのです。
そして、何度も繰り返し、
「一緒に泳ごうよ」と誘うのです…



朝になり、痛みで起きると

…また傷ですよ
前回の両膝内側に4cmぐらいずつできていた傷に
並行して一本
反対の足には、垂直に一本
またしても猫に深くひっかかれたような傷です
でも、猫と遊んでいても数日で治るのに
今回はまあ二週間たっても治らない深い傷でしたからね~

さすがにマズいと思ったので天使にききました。
ラファリンが返事をしてくれました。

「あれ…誰だったか知ってる?こないだのはクライアント関係の憑き物だったけど
 今回、夢では女だった」

「同じものだよ
 とうとうクライアントさんが動き出したんだろう
 それが気に入らなかったようだね」

「どうして物理的に何もない場所で傷ができるの?」

「寝ているときに霊体に傷をつけられると
 肉体にも現れるんだよ」


それで、そういう案件のときには覚えのない痣ができたり
怪我しているのか…

で、刃物をさやからだして化粧台(ベッドの枕元)におくようにと指示され
自分では久々に家へ結界を張ってみました。
ついでに、神田さんのお守りを枕の下に。

…これでやれるもんならやってみろ、クソ憑き物め

と、寝てみたら今回は無事

ですが、2、3週間は同じことを続けてと。
なので遅ればせながら書いてみました

ですがね…
どうもね…
寝る前にミカエルがつぶやいてるのを聞くと

「これもまた経験」みたいな調子なんですよねえ
最悪の事態にまではさせないだろうけど、
一応勉強なんでしょうか

ラファリンもミカエルも同じ事を言ってました

「それにしても、君はあんまり怖がらないね…」

信頼しているんだよ!あなたたちを!!
と、いうことにしときます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.