見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

伊邪那美命
人を助くるというは、たやすいことではない
まず自身が一人で立ち続けておれるかじゃ
自身でなお、立ってすらおれぬようでは
人を助けることなぞ、叶わぬであろうな

今は時代が時代ゆえ、少なからず
人のため、人のためと自身を高めたいと願う者も増え
世間の風潮もまたこちらの世界への関心の
密度を増してきている様子

自分自身が先でよいのだと申せ
人を助くるには自身を助けてからじゃな
己の悩みを打ち明けつつもなお、見えぬ世界につながり
解を得たいというのは
心から困っている者の為すことであろうか?

問題は常に解とともに在ると申した通り
すぐに見いだせるものじゃ
その努力を、見えぬ世界からの言の葉に頼らんがために望むことではないのだ

自分自身を見つめ直し
心の規律を正し、筋の通ったものでなければ
言の葉は直には伝わらぬものよ

己を高めることは人の宿命
無論、この道をゆくのもよかろう
しかしなお、まだ自身について知る者は少ない
己を知ること、そこから始めよと申せ

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.