見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

西の魔女が死んだ
  西の魔女が死んだ


この映画、好きなんですよね~
みたことがあったんですが、先日テレビで放映されるまで
ご紹介を忘れていました。

その中で、不登校になった孫のマイと
おばあちゃんの会話が印象的なのです。
このおばあちゃん方の血筋は、予知の力を授かった一族という設定です。
マイはそれを聞いてびっくり

後、自分の家の鶏が殺される事件を通して、犯人らしき人物を疑い
おばあちゃんに打ち明けるのです…



婆「魔女は自分の直感を大事にしなければいけません
  でも、その直感に取り憑かれてはダメなのです」

孫「でも」

婆「では、自分の思っていることは真実だと言いたいんですね?
  あまり上等じゃない魔女たちは、
  そうやって自分の妄想に取り憑かれて自滅していきましたよ
  マイ、どうかわかってください
  これはとても大事な事です
  おばあちゃんはマイを責めているんじゃないの
  マイは正しいかもしれない、そうではないかもしれない
  大事なのは、今マイの心は疑惑とか憎悪で一杯になっているということです」

孫「私は真相がわかったときにはじめて、この疑惑や憎悪が無くなると思う」

婆「そうでしょうか?
  私はまた新しい恨みや憎しみが生まれるだけだと思いますけどね
  そういうエネルギーのときは、酷く人を疲れさせると思いませんか?」

孫「そう思う」


いいおばあちゃんですねえ
例え、その感が当たっていたとしても、外れていたとしても
今の自分の心の中がどうなっているのか
力に振り回されていないか、自分で確かめなさいってこと。

自分の妄想に取り憑かれて自滅していくなんて
ホントによく見かける光景ですが、結局は力に振り回されてしまったんでしょうね

Comment

 秘密にする

私も
たびたびのコメントで失礼します。
私もこの映画(の原作)が大好きです。原作は短編ですが、ラストにもう泣けて泣けて。
言葉の深さを心で感じ切りたいと思いますが、なかなか…です。
すもも | URL | 2011/01/14/Fri 11:25[EDIT]
スピなセリフ以外でも本当にいいストーリーですよね
こういうおばあちゃんと過ごしてみたいですよ
私はおばあちゃん、どっちも生まれる前に亡くなってますから
あこがれます
紫音 | URL | 2011/01/14/Fri 18:29[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.