見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

人生で困ったとき
元々、人間には誰にでも守護霊さんがいます。
いました、と言わなくちゃいけないケースもありますが、稀ですね。

生活や人生設計の中で困ったときや悩んだとき
そういうことに手を貸してくださるのが守護霊さんの役割です。

私がセッションの中で、日常のこまごまとしたことを
天使にズバリと言い当ててもらうなどを断ったりするのは
「担当している仕事」が違うからなのですね。
占いめいた金運を、高次の存在に聞くだとか、瞬殺です。

守護霊さんは、金銭的に困ったり、恋愛でつまづいたり
仕事でどうしていいのかわからなかったりするとき
どう乗り越えていったらいいのか、さりげなくサポートしてくれているのです。

でも、スピリチュアル好き系のかたは
どうしても、そういう答えそのものや奇跡を高次の存在にゆだねようとして
セッションを求めることも多いのです。
でも、それは夢幻です

 * * *

守護霊さんは、本人のためにも、そして自分のお勉強のためにも
本人にベストな路を進んでもらって成長させようとします。
それは時に困難な道のりへの誘いだったりもします。
(生まれるまえに、自分でも決めたことでもあるんでしょうけれどね)

どうにかして気がついてもらおうと、
本人へ意思を疎通させようとしているようですが
守護霊さんについて否定的な気持ちを持っていたり(天使マニアとかで)
または、不平や不満、人のせいばかりにする責任転嫁、憎しみ、ねたみ
そういう感情で一杯になっていると
守護霊さんの声や訴えは、その感情に遮られて届かないのです。

つまり、人生でつまづいているときには
その感情を自分でコントロールできるように瞑想などの訓練をし
毎日、守護霊さんと一緒であることを意識しながら暮らすといいようです。
もちろん、感謝の言葉も忘れずに。

そうすると、本人と守護霊さんのパイプが強くなり
だんだんと疎通が取りやすくなります。
たとえ、言葉で聞こえなくても、
「感」としてキャッチしたり、夢を見るようになったりできるのです。

やがて、目の前の問題もクリアできるようになっていると思います。
人生の先輩ですし、計画も知っている本人のアドバイスは最強ですよ。笑

 * * *

なんですが、守護霊さんには興味ない
天使とかにしか興味ないです、というクライアントさんがいると
私は本当に寂しい気持ちになります。

そういう方ほど、一番護っているのは守護霊さんだったりするんですよ
でも、本人が関心ないと放置ぎみ

…するとだんだん守護霊さんの方も、熱心ではなくなってる感じなんですね
あまり、アドバイスもくれなくなります。
そののち、もっと格下の守護霊さんに変わってしまうこともあります。


私は、もっと守護霊さんに興味を持ってもらえる方が増えるといいと思います。
なにしろ、一番尽力している本人を無視しているわけですから…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.