見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

顔のない天使
  顔のない天使



はい、よくありますね。
心に傷を追って、孤独に暮らす人と
純粋な子供が心を通い合わせる物語

とくに顔の半分が、やけどで醜くなってしまった教師の物語は
ほかにもありますよね

そんな気持ちで見始めたのに、想像以上にいい映画でした。
早速ご紹介

ジャスティン・マクラウド(メル・ギブソン)は、昔教え子を事故で亡くし
自分自身もそのときも事故で、半身と顔にやけどを負います。
さらに、教え子に車内で性的虐待を行っていたという疑いをかけられ
教師の職を失い、刑務所に収監された過去をもっていました。

山奥の家にこもって、人目をさけるように暮らす彼を
街の人々はあらぬ噂を立てては、避けています。

そんなマクラウドに、ちょっとした好奇心で近寄ったチャック。
チャックは、複雑な家庭に育ち
父親を朝鮮戦争で失っていました。
誇りある死に方をした父親を胸に、士官学校へ入ることを夢みていたのです。

でも、成績が…

偶然、マクラウドが教師であったことを知ったチャックは
家族に秘密で家庭教師になってくれるように頼むのです。

紆余曲折の末、信頼関係を築きあげた頃
チャックは父親についての秘密を知らされ
そのショックのあまり、マクラウドの家へ駆け込みました。
本当に頼りにできる、信頼できる人はマクラウドだけ…だったという
象徴的なシーンでした。

ところが、それが裏目に出ます。
児童虐待で収監された経歴があるマクラウドは
チャックに近づくことを禁じられてしまいます。

チャックは自分で調べたマクラウドの過去を信じられず
士官学校入試の当日に、本人に詰め寄るのです。
でも、この二人の間にはもう説明は必要ありませんでした。

チャックは学ぶことの楽しさを教えてもらい、ついには自分の夢を果たし、
マクラウドは人への信頼を取り戻し、教師としての誇りを思い出します。

ふと出会った人間同士の小さな絆が
人生を大きく変えていくことがあります。
実際に、それは誰にでもあって気がつかないだけなのでしょう。

私はこういう、ずっと孤独に生きてきた人が
自分の心を開くまでの、とまどう瞬間が好きです。
生きている限りは、やり直せると
その都度、思い出せるから

だからこそ、もったいないなと思うこともあります
傷ついた過去が、人と深く交流させないでいる人を見かけると…
友人だけではなく、異性に対しても信用しない。
心を開かない。どこかで怯えている。
もちろん、孤独

心を開こうとしていないのは相手に筒抜け
それが、手に取るように分かるのに、心を開いてもらえない

そういうときだけは、私の中の紫音の部分が
ちょっとへこみます。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.