見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天之御中主神
ほっほっほ

人は、そのままありのままの
己の状態を見つめることから、はじまる
それは良い状態、あしき状態
ともどもあれど、さて、人はいつも同じとは限らぬぞ

強き者は見極めたものから学び
今後の人生を見据えることができる
弱気ものとて、休息をとり
なにがしかの光明を探せよう。
それはそのもの自身の向上心という鍵にかかっておる

己にこのままで良いと
怠惰な自身を許せば、光明なぞ見えるはずもなかろうて

我らや見守るものどもの声が聞こえぬように
その閉ざされた心に
光の意思が伝わることはないはずじゃ…
自身で閉ざしてしまうのじゃな
いつもいつも与えられておる

人として生きる限り、学びというが
誤ったことをしたり、間違ったことをしても
そのやり直しが与えられる。
繰り返される生を通してもな
その仕組みそのものは同じなのじゃ

さてさて、そなたはいかがじゃ…
前を向けば、扉は近づく
本心を隠し、真の心の声を自身の都合や現実で隠しても
己に嘘はつけぬと申されたはずであろう

自身を知るものは強く
自身を知らぬ、見ぬものは弱い

そのことを知るものならば
隠すことなく、正しい道を選択すべきじゃな

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.