見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

お姫様
さて…龍神様について、いろいろと調べものをしているときに
面白いものに行き当たりました。
元、人間。現、神界におられる姫様の話
その人間らしさと愛らしさ、暖かさにすっかりファンに。笑

萌えながら、真剣にくいいるように読んでいました。

もうすこしで読み終えるあたりから…
画像が…なぜ、濃い桃色の着物をきた姫様が見えるのでしょうか…

読みながら、チューニングしていたっぽいのですが
とにかく凄い感覚でした。

チャネリングはじまりの頃、高次の存在に圧倒された
あの感覚がよみがえりました。

とにかく、気分が安心して高揚した感覚
消え去る自己否定
自分を埋め尽くすような暖かい気持ち
…そして、ほわほわ眠くなります…

途中で気がついたのですが、目覚ましに喫煙しても、泥のように眠く
その暖かい胸いっぱいの感触に包まれていました。

ソファーで寝ようとしたら、どうしても書かなくちゃいけない感じ。
(そもそもちょっと聞こえ始めていたけど、聞こえないフリを…)

なんか、来客が多いのですが
よほど私は、重要な地点にさしかかってるのでしょう…

聞き取りました


 * * *


一夜一夜ごとのあらまし(※希望や願いを意味した言葉)を、この世で表すことは
度重なる個人の努力の上にたどり着けるものです

今日、私が貴方に伝えられるものは多くはありませんが
それでも、貴方の支えになることを1つ2つ、伝えたいと願い
そしてこの機会に言葉を贈ることにします

人の一生は儚く、
ガラス細工のようにあっという間に壊れてしまう夢のような一時に過ぎないのです。
その時間は生きている間には、とても短く感じるものではありませんが
この後振り返ってみれば、そうでもなかったという長さに過ぎません

いかにこの世界で困難があったとしても、
それはやり直すことはできないものですが
この世界にいる間であれば、気付き修正していくことで
それが可能になるのです
たやすくはありませんが、生きる間の時間の尊さはその貴重さゆえに
大切な学びの機会を得ているものと知ってください

貴方はやり直すと決めましたが、
それは同じことをなすという意味ではないはずです
同じことをしても、人は成長しません
それが可能な場所にいるからこそ、出直し新しいものを得るチャンスが産まれるのです
その機会は、人の一生に数回訪れます
そういった時々には、試練とも感じるでしょうが
実際にはそう人が感じるだけのことであり
あなた方が生かされていることを知れば
与えられた良い鍛えの時となるでしょう。

私が特に申し伝えたいのは一つです
重ねて申し上げることになりますが
失ったものと同じものを手に入れても
それは過去への囚われに過ぎず、手元に暖めておきたいという
自分自身の未練なのです
その未練に、今、気づいてくださいね。
そうすれば、この先必要と思えるもの、
最も大切で取りくまなければいけないものに気づくでしょうね
事実、貴方は今、そうしたいと願い
周囲の思惑とは裏腹に、それだけをつきつめていきたいと思ったはずなのです
人の生き方はそれぞれであり、勝ちも負けもありません。
たくさんの心のお勉強の後、経験を積むことが必要なのですから
これまでしてこなかった経験を心から望むということは誤りではありません
豊かな今後の人生のために、すべきことを見いだし
一歩一歩やり遂げるほかありません。
どこへ向かうのか、心が知っているのであれば
そうなることでしょう
魂で自らより大きいものに触れ知る貴方であれば
それが分かるはずなのです

今、やるべき努力をし続ける限り
神々がお見捨てになるはずなどありません
自らが努力して放棄し、神々に泣きついたときすら
そのものが一人で立ち上がれるように導いてくださるのが、
親たる神霊のつとめですから
貴方は貴方のことをしてください
そうすることによって貴方の希望へと近づきます
そうなる日はいずれ貴方にも知れることでしょう
私は貴方にこの通じた心を持ってお伝えしました
頑張りなさい


 * * *


途中、一気に流れ込んできたエネルギーに
意識がぶっとぶそうになりましたが
「うわうわ…、すみません、ちょっと…」と言うと
すーっと引き、穏やかな流れになりました。
ビビリました…

Comment

 秘密にする

いつも楽しみに拝見しています。
セッションでも何回か御世話になりました。
この姫様の本が私の知っている本と同じではと、うずうずしてしまい、初コメントしちゃいます(笑)

この姫様の話は大好きで、何回かその神社を訪れています。
神奈川県の海の近くの神社です。
本当に可愛らしい姫様ですよね(^^)
あちらの世界の存在を気付かせてくれた1冊です。
はるみ | URL | 2010/09/30/Thu 14:11[EDIT]
あとで面倒になるのを防ぐために、ここでは明記していませんが
人それぞれの大事な存在があるって素敵ですよね^ ^
紫音 | URL | 2010/09/30/Thu 18:10[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.