見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

夢の街 続編
以前、こんな記事を書いたことがある。
http://purplelily.blog84.fc2.com/blog-entry-601.html

夢の街の話


この街は、今となっては予想がつくのだが
たぶん幽界にあるひとつの世界なんだと思う。

街の様子は全て30年か40年ぐらい前になり
駅前にコンビニなどは存在していない。
そして、電車も車両が古く、田舎で見かけるような4人向き合う形の座席
街を走る車もやはり古く、
サイドミラーではなくフェンダーミラーがついているものばかり。
(ボンネットの前のほうについているやつ)
女子高生なんかはセーラー服に、おさげですよ。笑

そして、日と夜という区別はあるものの
太陽の位置があいまいで、季節もはっきりしない。
常に春のような気持ちのいい世界なのに
観光名所へいくと、「紅葉が美しい」とか「海で泳げる」とか
それぞれに一番合った季節で存在しているようなのだ。


 * * *


8年ほど前、気がついたらこの街でローカル線にのっていたことがある。
隣の車両には人がいるものの、その車両にはふたりだけ。

私は、そのもうひとりの人を見て
現実世界では感じたことがないような、懐かしさで胸がいっぱいになった。
確かに知っているはずなのに、顔は見た事はない。
でも、懐かしい。
言葉が出ないぐらい懐かしいという感覚は分かるだろうか?

その人は、乗車口に立って風景を眺めていた私の後ろから近づき
ぎゅーっと抱きしめながら、なにか大事なことを言った。
この言葉だけが記憶から抜け落ちている…
でも、非常に大事なことだったのは分かる。

そして、その人と途中下車をして滝を見に行った。
燃えるような赤い紅葉のトンネルの先に、涼しげな滝

駅舎は木造で、改札にむかって少し傾斜する部分は
木の廊下になっていた。
歩くと、バタバタ音がする。
アイボリーのペンキがほどよく落ちた古い駅舎を今でも覚えている。

それから、電車で小一時間かけて元の街に戻った。
駐車場へ向かい、そこで乗った車は、これまた古い車のアルト
紺色のシートはビニールっぽい、はりつくような感触だった。

車でどこかへ向かう途中、Y路になった道を見て、ふと思い出す。
この街は、もう数えきれないぐらい来ているはずだ、と。


 * * *


あれから、かなりの年月が経ったけれど
これほどはっきり覚えている夢はほかにない。

昔から、夢があまりにリアルすぎて
現実の思い出だったのか、夢だったのか自分でもわからない記憶があった。

この夢のローカル線にはその後もときどき乗っている。
単線なので、途中駅で40分ほど止まるときがあるのだが
みな、自由に電車をおりて、思い思いに過ごしている。
ただ、今だに駅のまわりになにもないのでやることがないけど。笑



あの夢で会った人は一体なんだったのだろうと思う
あまりにリアルで、抱きしめられた感覚も、触った水の感触も
車のシートの手触りも現実のもののようだった。
夢を見てから、数日ははっきりその感触が体感で残っていたぐらいだったので
あの頃は、霊のいたずらかと思ってビビっていた
でも、いまなら分かるのだが、あれは悪い霊の波長じゃない。
起きた瞬間の感覚が全く違う。

…これだけは、どう考えてもいまだに分からない謎だ。

Comment

 秘密にする

お相手の方、紫音さんの素敵な方!とか
そういうロマンティックなお話しじゃないんでしょうか?(^^;;
みまき | URL | 2010/08/28/Sat 19:11[EDIT]
ダメですっ!
その話は、今できないので、聞いちゃダメです!笑
紫音 | URL | 2010/08/28/Sat 19:55[EDIT]
紫音さんが書かれてる本文とは関係ないんですけど、
夢って不思議ですよね~

うちの家は10年ほど前に建て替えたんですが、
私が見る夢の中の家はいつも古い建て替える前の家です。
何回見ても必ず古い方で出てくるので、
いい加減新しい家に慣れてやれよ、と
一人ツッコミを入れる日々です。
古い方の家が忘れてほしくないとでも思っているんですかね~。笑
古い家も新しい家もどっちもスキなんですけどね。

あと、内容自体はどうってことない夢を見た朝、
起きてからなんともいえない懐かしくてたまらない気持ちに
なることがよくあります。
そんな気持ちになりそうなツボのない夢のハズなのにな~
と不思議なんですが、夢のことをチラッと思い出すと
もうたまらず感情が揺さぶられるような
懐かしいような、なんとか思い出したいのに
ドンドン記憶から消え行くことが寂しくて切なくて
追いすがるように必死で思い出したい・・・と
なんとも感傷的な気持ちになるんですよね~。

夢って不思議です。笑
くーこ | URL | 2011/09/19/Mon 00:50[EDIT]
夢は自分の心の奥深くを見ることができますからね、
一番深い感情に、触れることもありますよ
とくに普段は触れることがない部分とか、懐かしいでしょうね
紫音 | URL | 2011/09/19/Mon 08:22[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.