見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

天照大神との問答から
「天照大神様ですか?」

『さよう。そちの言い分は知っておるわ』

「まさか、あれだけ有名な人の後ろが
 浮遊霊のたつまきと悪魔みたいなのだったとはこれまでわからなかったです。
 ぞっとしました」

『さよう、その者の内に潜む己の欲が邪魔したな
 魂まで明け渡しておっては難しいわ』

「もうこれ以上関わる気はありません。
 ああいう人は今度、どうなるんでしょうか…」

『簡単よ。己で気付くまで誰も手は出せぬ
 己で呼んだ魔よ…
 そちは手を出さぬというが、出されることもあろう』

「それは思いました…、好奇心で見たとはいえ
 向こうから何かされたら手の打ちようがないです」

『放っておけ。構わぬ みな助けなくてもよい。
 わしらの仕事はわしらの仕事でもあるわ』

「相談者はどうなるんでしょうか? 堅く信じてるようですが」

『今は信者集めに奔走しているところよ…
 相談者の魂にまでは手を出さぬわ それも含めて、今は見るだけにしておけ』

「はい、基本的にやばいものからは逃走する方針です」

『いつか、そちも変わるであろうよ
 もう、この世界で愛や光しか解かぬものには、興味も持っておらん
 いずれは両面背中合わせであることを人は知るのよ
 構わぬ、そのままおけ』

「助けるというレベルにはないことは分かるのですが
 明らかに違う方の道へ行く人や
 怪しい人にセッションを受けにいく人を見ると
 むなしさが募ります…いつからこんなになっていたんでしょう」

『それはそちの決めることではないわ
 己の学ぶところして見、あとは己の歩を進めよ 全てはその後じゃ』
「分かって見てる人も大勢いるんでしょうね」

『そちもまだまだ見えてないところもあるわ…
 できうる限り身軽になれ
 物事、観念、しきたり、あらゆることから身軽になっておけ
 手ぐすね引いておる輩から自ら己を護れ
 その方法すら、もう本当は既に知っておるはず』

「私、最近まで霊すら見た事がありませんでした
 未知なる領域ですが、たまに昔読んだオカルト漫画が役に立っています」

『そのようなものに関心を持ちすぎるとな
 己で呼ぶこともあるぞ
 しばしは周囲の者が見張っておろうが、己にできんことには手を出すな』

「はい、わかりました。もう一ついいでしょうか
 最近、チャネリングしたいという人が頻繁に見受けられるのですが
 これは全ての人に可能ですか?
 例えば、天使は全ての人が元々持っていた力と言いますが
 ほかでは素質も関わるからとあっさり切り捨ててますけど…」

『程度。己の本質に向かう方法はいかようにも見つかるであろうが
 そのもの自身の改革なくしては、先にすすめぬわ』

「自分に自信がないから、天使と話したいという人は多いですね」

『甘やかすためにはおらぬ
 そのような気で通じるとしても餌食になるわ
 己の心身、鍛え上げてからでなくてはわれら神界、天の使いとは真の繋がりは持てん
 天の使いは、そのものを上に引き上げるために
 あらゆる手で伝えようとする
 本人がそれで満足して、喜んでいるうちは、何の変化も起きぬ
 しかと聞け、おぬしも浮かれることなく
 足もと確かめて歩を進めよ』

「わかりました。本日はありがとうございました」

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.