見えない世界の不思議についてひたすら綴ります

見つけたっ
この曲が数ヶ月前から、脳内をぐ~るぐる。
カヴァレリア・ルスティカーナが原曲かと思っていたら
全然違ってました…
道理で見つからないわけです。

でもちょっと似てると思うんだけどな~
いい歌詞だと思いませんか?
なんで、これが突然ぐるぐるしだしたのかは定かではありませんが…








ちなみに、カヴァレリア・ルスティカーナはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=Xvdig4N0bpk

カヴァレリア・ルスティカーナはipodで聞きまくってる曲ですが
クラッシック食わず嫌いの方には強引に押し付けたい曲です。笑


さて、ついでですので、私めのお気に入りの曲を…

ガブリエル・フォーレのパヴァーヌ
http://www.youtube.com/watch?v=udwWw2AsN88

ラベルの亡き王女のためのパヴァーヌ
http://www.youtube.com/watch?v=fnad7ulkE9k

リストの愛の夢
http://www.youtube.com/watch?v=d6GXdWcl6i0

別れの曲
http://www.youtube.com/watch?v=bx-C-p3gl8A



本人がどれだけ努力したが語らずに
ただ天才といってしまうのは失礼なのかもしれないけれど
なにかに打ち込んだことのある人になら、
天才という言葉の重みがきっとわかるだろうと思う。

辻井さんは、あとどのぐらいの期間、演奏をしていくんでしょう
それを聞いて感動する人間がどのくらいいるんでしょうか…


自分は30代半ばにして、妙に言い訳と嘘がうまくなったけれど
生きやすくなった分、なにも残らなかった気がしてなりません。

昔、「デザインなんかやめて、彫刻家になれ」といわれたとき、
はじめて人に「才能がある」と言われたあの時
「食っていけない」なんていわずに取り組んでいたら
人生はどう変わっていたのか。

たまにそんなことを考えます。

やり直しが聞かない年齢ではないけど、
若い訳でもない。

たまにうちに舞い込んでくる若いクライアントさんには
どうか、自分の道を妥協しないでほしいと願っています。

Comment

 秘密にする

良い曲ですねw
クラシック1年目の俺はガブリエル・フォーレ様知らなかったです;

チャイコフスキー様の弦楽セレナーデ大好きですw
(`。・・。) | URL | 2010/08/24/Tue 15:35[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫音のスローペースなチャネリングで。. all rights reserved.